鳥居の前で佇むディーン・フジオカと蒔田彩珠 『Pure Japanese』ティザービジュアル公開

 2022年1月28日に公開されるディーン・フジオカ企画・プロデュース・主演作『Pure Japanese』のティザービジュアルが公開された。

 『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』の松永大司が監督を務め、『朝が来る』の蒔田彩珠をヒロインに迎えた本作。脚本は『合葬』の小林達夫による完全オリジナル作品となる。

 過去のトラウマを抱えながらアクション俳優として生きる主人公が、両親のいない孤独な女子高生を救う、王道クライム・サスペンス×ボーイミーツガールとして描きつつ、一皮めくると別の一面が見えてくる。どちらの主人公が本当なのか。主人公の持つ二面性を描く、バイオレンス・アクション・ムービーとなる。

 アクション俳優として働く立石(ディーン・フジオカ)は、社交性がなく、一方で日本の文化に傾倒している変わった男で、周囲からは距離を置かれていた。そんな立石が、祖父と暮らしている土地が中国人ブローカーと地元のヤクザに狙われ、執拗な嫌がらせを受けていた女子高生のアユミ(蒔田彩珠)を、偶然に助けることになる。立石になつくアユミを守るための相手への攻撃を肯定されたことで、過去の撮影現場での事故によるトラウマでバイオレンスに対するリミットをかけていた立石の目に、次第に狂気が宿っていく。

 公開されたティザービジュアルは、真っすぐに前を見つめる立石と、血だらけのセーラー服を着た少女・アユミの二人が鳥居の前で佇み、「全員、殺しちゃって」という少女の台詞を使用したキャッチコピーが入った、異様な世界観のものとなった。フォトグラファーには、新進気鋭のRKが起用されている。

■公開情報
『Pure Japanese』
2022年1月28日(金)ロードショー
出演:ディーン・フジオカ、蒔田彩珠
監督:松永大司
脚本:小林達夫
企画・プロデュース:ディーン・フジオカ
製作:アミューズ
企画・制作協力:ブリッジヘッド 
制作プロダクション:ザフール 
配給:アミューズ
配給協力:クロックワークス
(c)2021「PURE JAPANESE」製作委員会



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる