松丸亮吾、撮影現場潜入で菅田将暉と対面 『CUBE 一度入ったら、最後』特別映像公開

松丸亮吾が潜入する『CUBE』特別映像

 10月22日公開の映画『CUBE 一度入ったら、最後』と謎解きクリエイター松丸亮吾のコラボが決定し、主演・菅田将暉との2ショット写真と映像が公開された。

 本作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督作『CUBE』を日本版としてリメイクしたもの。突然閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員……彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性……終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。

 主人公のエンジニア・後藤裕一役で菅田が主演を務めるほか、団体職員・甲斐麻子役に杏、フリーター・越智真司役に岡田将生、後藤たちよりも前に閉じ込められた“最初の男”に柄本時生、中学生・宇野千陽役に田代輝、整備士・井手寛役にに斎藤工、会社役員・安東和正役に吉田鋼太郎が扮する。

映画『CUBE 一度入ったら、最後』特別映像

 今回、オリジナル版『CUBE』の大ファンを公言している松丸が、360度カメラを片手に、本作の撮影スタジオをレポートする特別映像が公開。

 実際にCUBEのセットの中に入った松丸は「360度全部CUBE! すごい迫力!」と興奮をあらわに。そしてCUBEの色がどんどん赤くなると「ヤバいヤバい!」と再び大興奮を見せる。なお、今回の映像は360度カメラで撮影しているため、視聴者が自在にカメラの角度を変えることができる。

 松丸は実際に俳優たちが演技をしている現場も見学。「照明の位置や、役者の立ち位置など、細かいところ一つ一つへのこだわりが凄い!」と細部へのこだわりに驚きを見せた。さらに撮影現場では主演の菅田と対面。実は時々、脱出ゲームなどに遊びに行って、謎解きに挑戦しているという菅田が「最後の最後でクリアできなくて悔しい」と話すと、謎を作る側の松丸が「最後の最後でクリアできないようにしています(笑)」と、2人で謎解きについて語り合う一幕も見ることができる。

 松丸は本作とのコラボ企画で実際に問題を作成中。通常「10組挑戦したら1組クリアできる」ぐらいの難易度で問題を作るという松丸だが、本作とのコラボでは「1000組に1組がクリアできるレベルの、超高難易度の問題を作っている」と語ると、菅田も「楽しみだなあ」と期待をあらわにした。また、現場では千陽役の田代とも対面。実は松丸の大ファンという田代は、満面の笑みで両手の親指と人差し指を使った「CUBEポーズ」で、松丸との記念撮影を終えた。

 松丸からはコメントが寄せられている。

松丸亮吾 コメント

コラボの話を受けて

オリジナルのCUBEは謎解き好きの間では非常に人気が高く、RIDDLERのメンバーもほぼ全員見ているくらい大好きな映画でした。その作品にプロモーションで関われることが非常に光栄で、嬉しかったです。オファーをいただいた時、興奮しましたし即決しました!

撮影現場を訪れた感想

何よりあのセットに圧倒されました。
オリジナルのCUBEで見た世界よりも進化していましたし、違っている部分もあり、それがより不気味さを掻き立てていました。フラクタル構造になっているところも感激です!
実際に入っての感想は……思ったより高いし怖かったです(笑)。あのような空間でお芝居をされる俳優さんたちを尊敬します!

■公開情報
『CUBE 一度入ったら、最後』
10月22日(金)公開
原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、柄本時生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎
監督:清水康彦
配給:松竹株式会社
製作:「CUBE」製作委員会
(c)2021「CUBE」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/cube/
公式Twitter:@cube_m0vie
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@cube_m0vie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる