『ボイスII』唐沢寿明、増田貴久らの見え隠れする傷 SNSでは“白塗り野郎”考察が相次ぐ

『ボイスII』“白塗り野郎”の正体は?

 姉を想う、小さな勇者の大きな勇気が事件を解決へと導いた。塚田(中山求一郎)の現行犯逮捕により、“白塗り野郎”へと辿り着く道筋が見えたかに思えた『ボイスII 110緊急指令室』第3話(日本テレビ系)。事態は、思いもよらぬ展開を迎える。

 フィクション作品ということを踏まえた上で、塚田というキャラクターをあれほどおぞしく卑劣に、生々しく描いた本作の姿勢を評価したい。塚田のしたことはいたずらではなく、誘拐罪、強制わいせつ致死傷罪、その他もろもろの「罪」である。それも明らかな悪意のある罪だ。樋口(唐沢寿明)が塚田を階段から転げ落としたシーン、それを捜査員らが見て見ぬふりをしたシーンには、正直スカッとしてしまった。もっとも、令和のゴールデンプライム帯ドラマとしてはギリギリかもしれないが。

 塚田を確保しようとした瞬間、その頬の傷と血から純名(片山友希)の死がフラッシュバックした石川(増田貴久)。こわばる表情は明らかに正常ではなく、さらには処方箋なしで薬を手に入れているようだ。そんな石川を気にかける樋口にも、背負っている傷がある。いまだ目を覚まさぬ息子・大樹(鳥越壮真)のこととなれば、なりふり構わず走り出す。そして樋口、石川をECUからフォローし、その“聴力”で犯人を追い詰める橘(真木よう子)も、あの焼き印を見るたびに重藤(増田昇太)のことを、あのむごい最期を思い出すことだろう。主要キャストたちがそれぞれ抱える傷は、あまりにも痛い。

 塚田という意外なセンから、白塗り野郎との繋がりが浮上した。捜査に協力するよう、塚田に巧みな心理戦を仕掛ける“ハマの狂犬”。いっそ一発殴られたほうがマシだと思うほど、容赦なく凄味を効かせる。取引が成立し、まさにこれからというときに、あろうことか警察署内で塚田が殺害された。周囲の防犯カメラに白塗り野郎の姿はなく、煙のように消えてしまったわけだがーー「カメラに映らないこと」が、新たな手がかりとなった。白塗り野郎は、常に樋口らの行動を先読みしている上、署内および周囲の防犯カメラの位置を完璧に把握している。そんなこと、普通ならば出来るはずがない。署内に「内通者」という名の協力者でもいないかぎりは。

 第3話では、いくつかひっかかりを覚えるシーン、気になる人物が登場した。小松(藤間爽子)の携帯電話については新たな事件の序章であったわけだがーー。例えば、「誰か」と内密に電話で話す本部長・小野田(大河内浩)。彼についてはこれまでにも怪しい動きはあったが、塚田死亡の報告を受けた際の表情は、どう読み取るべきだろうか。警察組織のトップといえば悪、というのがフィクションの世界のセオリーではあるが、果たして。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる