日本で大暴れする8人の忍者たち 『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』キャラバナー公開

『G.I.ジョー』最新作キャラクターバナー

 10月22日に公開される『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』の日本版オリジナルキャラクターバナーが公開された。

 本作は、世界的な人気を誇るアクションフィギュアをもとに映画化され、ハイテクガジェットや特殊マシンを駆使し世界を守る最強の戦闘エキスパートチーム“G.I.ジョー”と、世界支配を目論む悪の組織“コブラ”の戦いを描き、全世界興収がシリーズ累計6億7,700万ドル(約737億円)を突破したアクション映画の最新作。本作では、刀と銃を武器に戦い“G.I.ジョー”最強の戦闘能力を持つ、シリーズ人気No.1の漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”が主人公に。漆黒のマスクで正体を隠し、これまで謎に包まれてきたスネークアイズ誕生の秘密が明らかになる。

 このたび、『G.I.ジョー:漆黒のスネーク・アイズ』から日本だけのオリジナルキャラクターバナーが初公開された。壮絶バトルの始まりを告げるバナーの中央には、臨戦態勢の漆黒のスネークアイズが見参。秘密忍者組織“嵐影”の忍者たち、世界各地の戦闘エキスパートで構成されたチーム“G.I.ジョー”、世界征服を企む国際的テロ組織“コブラ”に組み分けされ、8人の強者たちが一堂に会する、日本だけのオリジナルデザインとなっている。

 背中越しの横顔で中央に陣取るのは、宿命のライバルである2人。本シリーズ屈指の人気キャラクターで、12種の格闘技に精通する最強の忍者ヒーロー、スネークアイズ(ヘンリー・ゴールディング)、右には二刀流の武器を使いこなし、“嵐影一門”の頭領の血筋を継ぐエリート忍者ストームシャドー(小路アンドリュー)の姿が。“嵐影”で共に修行に励んだ若き日の2人に一体何があったのか。

 スネークアイズを狙うNINJAたちの姿も。ストームシャドーの右から順に、反逆者の文字を刻まれ、“嵐影”を追われ復讐鬼となった最強の抜け忍・鷹村(平岳大)、国際テロ組織“コブラ”のメンバーで裏社会の女スパイ、バロネス(ウルスラ・コルベロ)、そして神出鬼没の忍術を得意とした“嵐影”を守る盲目の鎖鎌使い、ブラインドマスター(ピーター・メンサー)と、忍びの達人が揃い踏み。

 一方、スネークアイズの左から順に、“嵐影”の保安責任者である“くのいち”暁子(部春香)、ボウガンタイプの武器を駆使した戦闘能力が高い“G.I.ジョー”の女性エージェント、スカーレット(サマラ・ウィーヴィング)、拳を武器に戦う“嵐影”の忍者マスターでスネークアイズを武で導くハードマスター(イコ・ウワイス)が眼光鋭く睨みつける。

 最強の忍者アスリートが顔を揃える本作には、『るろうに剣心』シリーズの谷垣健治も参加しており、ハリウッドで初のアクション監督を担当。刀や忍びなど日本独自の殺陣と最新の映像技術が融合した、いまだかつてない圧巻のアクションシーンが炸裂する。

■公開情報
『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』
10月22日(金)全国ロードショー
出演:ヘンリー・ゴールディング、安部春香、小路アンドリュー、ウルスラ・コルベロ、平岳大、イコ・ウワイス
監督:ロベルト・シュヴェンケ
スタントコーディネーター・アクション監督:谷垣健治
エグゼクティブプロデユーサー:エリク・ハウサム
配給:東和ピクチャーズ
(c)2021 Paramount Pictures. Hasbro, G.I. Joe and all related characters are trademarks of Hasbro. (c)2021 Hasbro. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる