『フレンチ・ディスパッチ』ウェス・アンダーソン、ティモシー・シャラメらがカンヌに集結

『フレンチ・ディスパッチ』カンヌで披露

 2022年に公開されるウェス・アンダーソン監督最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』が、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、ウェス・アンダーソン監督、ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、マチュー・アマルリック、スティーヴン・パーク、そして音楽を担当したアレクサンドル・デスプラがレッドカーペットに登壇した。

 本作は、20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する、一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは三部構成で展開し、画面のいたるところにはアンダーソン監督独自の演出が散りばめられる。

 世界的なパンデミックにより、約2年ぶりの開催となったカンヌ国際映画祭。会場は大勢のマスコミ陣と、ファンが詰めかけた。そんな中、アンダーソン監督率いるキャストは今年は定番の黒塗りのセダンではなく、出演者全員が乗り合わせてバスで登場。スチールからはフラッシュの嵐が巻き起こり、ファンからは黄色い歓声が飛び交う中、シャラメやウィルソンらは、サインやセルフィーといったファンからの要望に応える姿も。また、アンダーソン監督も自らのスマホを持ちだし、全員で記念撮影をするなど、アットホームな雰囲気のレッドカーペットとなった。

0714_frenchdispatch_sub04
0714_frenchdispatch_sub03
0714_frenchdispatch_sub02
0714_frenchdispatch_sub01
0714_frenchdispatch_sub08
0714_frenchdispatch_sub09
0714_frenchdispatch_sub10
0714_frenchdispatch_sub07
0714_frenchdispatch_sub06
0714_frenchdispatch_sub05
previous arrow
next arrow
 
0714_frenchdispatch_sub04
0714_frenchdispatch_sub03
0714_frenchdispatch_sub02
0714_frenchdispatch_sub01
0714_frenchdispatch_sub08
0714_frenchdispatch_sub09
0714_frenchdispatch_sub10
0714_frenchdispatch_sub07
0714_frenchdispatch_sub06
0714_frenchdispatch_sub05
previous arrow
next arrow

■公開情報
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
2022年、全国公開
監督・脚本:ウェス・アンダーソン
出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメ、リナ・クードリ、ジェフリー・ライト、マシュー・アマルリック、スティーブ・パーク、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios. All rights reserved.
公式サイト:https://searchlightpictures.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/SearchlightJPN/
公式Twitter:https://twitter.com/SsearchlightJPN
公式Instagram:https://www.instagram.com/SearchlightJPN/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる