『キネマの神様』永野芽郁が感じた山田洋次作品の魅力 「こんな温かい三角関係があるんだ」

永野芽郁、山田洋次監督作品の魅力を語る

 8月6日公開の山田洋次監督最新作『キネマの神様』に出演する永野芽郁のコメントが公開された。

 松竹映画100周年を記念した本作は、原田マハによる同名小説を原作に、“映画の神様”が沈みかけた家族に奇跡をもたらす模様を描いた人間ドラマ。ダブル主演としてゴウを演じるのは、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二と菅田将暉。やがてゴウと連れ添うことになる淑子の今を宮本信子、過去を永野が演じる。そのほか、野田洋次郎、小林稔侍、寺島しのぶ、北川景子、リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎らが出演する。

 本作では、映画監督になる夢を追うゴウ、ゴウの才能を信じ応援するテラシン、そしてその2人から想いを寄せられる淑子が織りなす人間模様が描かれる。青春時代をともに駆け抜けた3人の中でゴウと淑子が結ばれ、夫婦として約50年寄り添い続けることになる。

 この三角関係について、若き日の淑子を演じる永野は「三角関係が特殊でしたよね。1ミリも嫌な感じがしなくて不思議でしたね。それぞれが葛藤しながらも過ごしているのが見てわかるから何も嫌な気がしない三角関係でこんな温かい三角関係あるんだと思いました。それが山田監督作品なんだろうなと思います」と88作品もの映画を撮り続けてきた山田監督ならではの、温かな人とのつながりを描く手腕を語った。

■公開情報
『キネマの神様』
8月6日(金)全国ロードショー
監督:山田洋次
VFX監修:山崎貴
脚本:山田洋次、朝原雄三
原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、片桐はいり、原田泰造
主題歌:「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)
配給:松竹
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる