菅田将暉×野田洋次郎の主題歌も初披露 山田洋次監督最新作『キネマの神様』最新予告公開

菅田将暉×野田洋次郎の主題歌も初披露 山田洋次監督最新作『キネマの神様』最新予告公開

 8月6日公開の山田洋次監督最新作『キネマの神様』より、主題歌入り最新予告が公開された。

 松竹映画100周年を記念した本作は、原田マハによる同名小説を原作に、“映画の神様”が沈みかけた家族に奇跡をもたらす模様を描いた人間ドラマ。ダブル主演としてゴウを演じるのは、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二と菅田将暉。そのほか、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、小林稔侍、寺島しのぶ、北川景子、リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎らが出演する。

 RADWIMPS feat.菅田将暉による主題歌「うたかた歌」は、野田が作詞作曲、菅田がゲストボーカルを務め、劇中のゴウとその親友・テラシン(野田洋次郎)の役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている。元々は主題歌と意識して制作した楽曲ではなく、野田が作品への愛情とリスペクトを込めて「監督にこのデモをお渡しください」と贈ったものだったという。野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、主題歌に決定した。

映画『キネマの神様』主題歌入り最新予告

 公開された最新予告では、野田と菅田が切なくも力強く歌い上げるノスタルジックなメロディーに乗せられて、かつて恋に胸焦がれたゴウと淑子の過去から夫婦となった現在にかけて築かれていくゴウと淑子の深い愛が映し出されている。映画への夢を諦め、迷惑ばかりかけて後悔しているゴウと、いつもそばで支え、真摯にゴウを愛し続ける淑子、そしてその家族や友人たちに一体どんな奇跡が待ち受けているのか。

 本作に対して「あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしい」という野田の願いが込められた主題歌は、今回の予告のほか映画のエンドロールでも使用されている。

layout_suda_ol
layout_noda_ol
0430_godogcinema_sub
previous arrow
next arrow
layout_suda_ol
layout_noda_ol
0430_godogcinema_sub
previous arrow
next arrow

■公開情報
『キネマの神様』
8月6日(金)全国ロードショー
監督:山田洋次
VFX監修:山崎貴
脚本:山田洋次、朝原雄三
原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
出演:沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、片桐はいり、原田泰造
主題歌:「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)
配給:松竹
(c)2021「キネマの神様」製作委員会
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる