『ベイマックス』声優がナレーション担当 『ロン 僕のポンコツ・ボット』ティザー予告公開

 10月22日公開のアニメーション映画『Ron’s Gone Wrong(原題)』の邦題が『ロン 僕のポンコツ・ボット』に決定。あわせて、本編映像を使用した日本版ティザー予告と日本版ポスタービジュアルが公開された。

 ロックスミス・アニメーションが制作を手がけ、ウォルト・ディズニー・ジャパンが配給を行う本作は、ひとりぼっちの少年と友達を作れないロボットの友情と冒険の物語。

 「トモダチ・ボット」。それは、スマホよりハイテクで、あなたの友達になってくれる夢のようなデバイス。そんなトモダチ・ボットを通じて誰もが仲間とつながる世界で、ひとりぼっちの少年バーニーのもとに届いたのは、オンライン接続もできないポンコツ・ボットのロンだった。本当なら一番の親友になって仲間を見つけてくれるはずなのに、アナログなロンは空回りしてばかり。そんなロンにバーニーは、友達の作り方を教えるのだが……。出会うはずのなかった1人と1体の、“本当の友情”を探す冒険が始まる。

 公開されたティザー予告は、スマホに代わるハイテク機能を備えた最新式ロボット型デバイス「Bボット」の商品紹介映像ではじまる。ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて乗り物としても使用でき、さらには持ち主の友達も見つけ出してくれるという夢のようなデバイス。誰もがそんな「Bボット」と暮らしている世界で、友達のいない少年バーニーのもとに届いたのは、不良品の「Bボット」ロンだった。オンラインにも接続できず、友達探しをすることができないロンは「友達ってどこに落ちてる?」とバーニーに尋ねるほどのポンコツっぷり。バーニーはそんなロンに「友達の条件」を説明し、なんとか友達を探してもらおうとするがうまくいかず、先が思いやられる。出会うはずのなかった1人と1体の、奇想天外な“本当の友情”探しの始まりを描く。

『ロン 僕のポンコツ・ボット』ティザー予告 10月22日(金)公開!

 ナレーションを務めたのは、ディズニー映画『ベイマックス』でベイマックスの声を担当している川島得愛。ロンの白くて丸いフォルムに憎めないポンコツさは、どこかベイマックスを彷彿とさせる。

 あわせて公開されたティザーポスタービジュアルでは、たくさんのBボットの中で、ポンコツのロンが、アナログな方法で、ステッカーに描いた「いいね!」マークを出して、友達を作ろうと奮闘している。

■公開情報
『ロン 僕のポンコツ・ボット』
10月22日(金)全国ロードショー
監督:ジャン・フィリップ・ヴァイン
制作:ロックスミス・アニメーション
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる