『リコカツ』離婚をテーマに描かれた結婚観 すれ違い続ける咲と紘一の歩みを振り返る

『リコカツ』咲と紘一の歩みを振り返る

 離婚に向けた活動(離婚活動)をテーマに描いた『リコカツ』(TBS系)だが、主人公の咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の結婚観や仕事観のズレが引き金となり、ここまで散々すれ違う2人の様子と、そんな中でも生まれた様々な変化が見られた。

 ライフスタイル、趣味趣向、そもそも生まれ育った家庭環境、その何もかもに接点皆無の2人だが、“ご縁”とは不思議なものだ。

 ただ当然ながら新婚早々、その根本的な“違い”は至るところに出てくる。起床時間、朝起きてからやること、デートで行く店、服装の趣味、食生活、もはやカーテンに至るまで、見事に“違い”しかない正反対の2人だ。それもそのはず、代々自衛官一家の堅物家族、さらに母親は専業主婦という環境下で育った紘一は、「家事は妻がやるもの」だと当然思い込んでいるし、それ以外の選択肢を知らない。一方、個人主義の強いミーハー一家で育ち、自身もバリキャリである咲からすれば性差によって当然のごとく押し付けられる役割分担には懐疑的だ。

 そんな彼らも否応なしに、互いの両親と関わりを持つことでそれぞれのルーツを知ることになる。これは相互理解を深める上で、というよりも自分と相手は全くの別の人間だということをまざまざと目の当たりにする上で、結構重要なことだったのかもしれない。

 2人の決定的な結婚観の違いが露呈したのは、第5話で基地の近くに引っ越すことを考えている紘一と、文芸部に異動になったばかりの咲が言い争うシーンだろう。「仕事を辞めて家庭に入ってもらうわけにはいかないか?」と打診する紘一に「あなたが仕事を辞めて家庭に入ってもらうわけにはいかないの?」とすかさず咲が反撃。さらに「別居婚」を提案する咲に紘一は“それだけは受け入れられない”と断固拒否、聞く耳を持とうとしない。

 どちらが“正しい”“正しくない”、あるいは“良い悪い”ではない問題だけに、このすれ違いについては折り合いの付け方が本当に難しく、おそらく様々なことを経てやり直すことになった2人が迎える最終話でもここがネックとして持ち上がるのは間違いなさそうだ。

 第5話時点とは違い、お互いがそれぞれの仕事に傾ける情熱もわかっている今だからこそ、どちらかが一方的に夢を諦めるような不本意な展開を2人は望まないであろう。それゆえ着地点の見出し方がある意味当初よりもさらに難しくなっていると言える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる