ムロツヨシ、『ハコヅメ』クランクイン 戸田恵梨香、永野芽郁と「がんばるぞー」

ムロツヨシ、『ハコヅメ』クランクイン 戸田恵梨香、永野芽郁と「がんばるぞー」

 ムロツヨシが、7月7日より日本テレビ系で放送がスタートする戸田恵梨香と永野芽郁のW主演水曜ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』でクランクインを迎えた。

 本作は、講談社『モーニング』で連載中、シリーズ累計発行部数170万部を突破した、元警察官の著者・泰三子による漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』をドラマ化する“やけにリアルな交番エンターテインメント”。戸田は元エース刑事・藤聖子を、永野は新米女性警察官・川合麻依をそれぞれ演じ、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の根本ノンジが脚本を担当する。

 「もう辞めてやる……」。地域の人たちのために働いているはずが全く感謝もされず、ただただハードな交番勤務に身も心もボロボロ。こうして辞表を握りしめたひよっこ警察官・川合麻依(永野芽郁)の前に、パワハラで交番に異動させられたという元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)が現れる。突然ペアを組むことになった2人が、助け合い、支え合い、事件に、雑務に、恋に奮闘。そして明かされる、藤が交番に来た本当の理由とは。

 6月上旬、藤と川合の上司にあたる伊賀崎秀一役のムロツヨシが、屋外に建てられた町山交番セットの前でクランクイン。ムロの最初の撮影は、町山交番の前で一人立番をしているシーン。眩しそうに空を見上げながら、「今日も暑くなりそう……」と呟く、いつものらりくらりとした伊賀崎所長らしい場面だ。そこにパトロールから藤と川合が一人の男を連れて帰ってきて、ドラマが急に動き出す重要なシーンの撮影も行われた。

 炎天下の屋外での数時間に及ぶ初日の撮影を終え、クランクインの感想を聞かれたムロは、「緊張感のあるクランクインでした。緊張をごまかすために喋っていたら戸田さんに『ずっと喋っていますね』と、言われました」とコメント。すると、戸田は「言いました(笑)」と明かし、永野も笑いだす。ムロは「あとは2人の笑い声と笑顔にずっと癒されていました。(戸田は)笑い声出す人、(永野は)ずっと笑っている人、私、ずっと喋る人、それで今日は乗り切りました」と続ける。

 最後にスタッフから、この夏の抱負を聞かれたムロ。「3カ月、ここにいるスタッフのみなさまと熱く楽しい夏を、過ごしたいと思っております」と、ムロが力強く宣言すると戸田が「すごくまじめにしゃべりましたよね?」とツッコみを入れる。ムロは「他にどんなことしゃべったら良かった?」と尋ねると、永野が「戸田さんと私はクランクインの時、(ガッツポーズを作って)がんばるぞーって」と和気あいあい。最後は「がんばるぞー」と3人で息をそろえてポーズを決めた。

20210612-hakozume05
20210612-hakozume03
20210612-hakozume04
20210612-hakozume02
previous arrow
next arrow
20210612-hakozume05
20210612-hakozume03
20210612-hakozume04
20210612-hakozume02
previous arrow
next arrow

■放送情報
『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』
日本テレビ系にて、7月7日(水)スタート 毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、ムロツヨシ、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、平山祐介、千原せいじ
原作:泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(講談社『モーニング』連載中)
脚本:根本ノンジ
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:藤森真実、田上リサ(AX-ON)
協力プロデューサー:大平太
演出:菅原伸太郎、南雲聖一、伊藤彰記
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/
公式Twitter:@hakozume_ntv
公式Instagram:@hakozume_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる