上白石萌歌、『ちむどんどん』で朝ドラ初出演 役名・歌子に「なにか大きな運命を感じます」

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に上白石萌歌が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じ、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが担当する。

 上白石が演じるのは、比嘉家の末娘であり暢子の妹・歌子。幼いころから病気がちで、強烈にシャイな性格。歌をこよなく愛して、父(大森南朋)から唄三線の手ほどきを受けるが、恥ずかしいので家族以外の前ではなかなか歌えない。大人しい一方、兄妹でいちばん謙虚な性格で、家族みんなの癒しにもなっている。

 上白石は本作への出演について、「長年の夢であり目標であった連続テレビ小説で私の名前の一部である“歌”のつく役を演じさせていただけること、なにか大きな運命を感じます」とコメント。

 初出演となった朝ドラについては、「連続テレビ小説のの世界で生きる人物たちは、誰もがひたむきで目の奥に光を感じます。今までも数々の作品に、何度も心を灯してもらってきました。私も生き生きとした光を纏えるよう、1日の始まりの活力をお届けできるよう、誠心誠意この作品に向き合って参ります」と決意をあらわにした。

上白石萌歌 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

連続テレビ小説『ちむどんどん』にて、三女歌子役を務めることになりました。長年の夢であり目標であった連続テレビ小説で私の名前の一部である“歌”のつく役を演じさせていただけること、なにか大きな運命を感じます。歌子は幼いころから体が弱く恥ずかしがり屋、一方で歌を心の底から愛している女性です。私も歌子も歌によって生かされているということから、深く繋がっていけそうな予感が今からしています。

連続テレビ小説出演について

連続テレビ小説の世界で生きる人物たちは、誰もがひたむきで目の奥に光を感じます。今までも数々の作品に、何度も心を灯してもらってきました。私も生き生きとした光を纏えるよう、1日の始まりの活力をお届けできるよう、誠心誠意この作品に向き合って参ります。

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

沖縄料理が大好きで、思えば気心の知れた仲間たちと集うとき、その真ん中にはいつも沖縄料理がありました。沖縄料理には人と人との心を近づける気さくさと温かさがあると思います。ちなみに1番好きな沖縄料理はにんじんしりしりです!
この作品を通して沖縄の魅力に触れることができるのがとても楽しみです。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる