竜星涼、トラブルメイカーのニーニー役で『ちむどんどん』出演 「今から楽しみです!」

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に竜星涼が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じ、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが担当する。

 竜星が演じるのは、比嘉家の長男であり暢子の兄・賢秀。自由奔放、腕力だけは人一倍。勉強は苦手、素行も悪いが心優しい家族思い。常に「比嘉家の長男」を自負し、家族のためさまざまな挑戦をするが、かえって迷惑をかけることが多い。子供の頃、比嘉家では豚を飼っており、以来こよなく豚を愛する男となる。

 竜星は演じる賢秀について、「自分勝手でトラブルメイカーなところはあるけれど、家族への愛や優しい一面を持っている人物です」とその人柄を分析。続けて、「きっと作品の中でも何度もトラブルを起こし、家族やその周りの人を巻き込んでいくことでしょう。でも最後にはなんだか憎めない。そんなみんなのニーニーを作っていけたらと思います」とやる気十分のコメント。

 また、朝ドラ初出演だった『ひよっこ』について、「相当緊張していたことを覚えています。慣れない方言に苦戦しながら、たくさん失敗し、そして多くのことを学んだ現場でした」と当時を振り返った。

竜星涼 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

比嘉家の長男、賢秀の印象は、自分勝手でトラブルメイカーなところはあるけれど、家族への愛や優しい一面を持っている人物です。きっと作品の中でも何度もトラブルを起こし、家族やその周りの人を巻き込んでいくことでしょう。でも最後にはなんだか憎めない。そんなみんなのニーニーを作っていけたらと思います。今からキャストの皆さんと家族になるのが楽しみです!

連続テレビ小説出演について

初めて朝ドラに出演したのは『ひよっこ』です。実直で心優しい警察官を演じました。その当時、朝ドラ初出演ということで相当緊張していたことを覚えています。慣れない方言に苦戦しながら、たくさん失敗し、そして多くのことを学んだ現場でした。

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

広い空ときれいな海、人の温かさに、故郷でもないのに空港に着くと勝手にいつもホッと心が癒され落ち着きます。訪れた際には必ずソーキそばを食べ、お土産に手作りサーターアンダギーを買って帰ります。
どれも東京では真似できない地元の味で大好きです。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる