仲間由紀恵、黒島結菜の母役で『ちむどんどん』出演 「楽しみでワクワクした気持ちです」

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に仲間由紀恵が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。また、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが務める。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じる。

 仲間が演じるのは、暢子の母・比嘉優子。優子は、沖縄本島北部やんばる地方のとある村で、夫とともにサトウキビ農家として働きながら四兄妹を育てる。子供の頃は定食屋の娘として育ち、料理も得意。大らかで明るく、困った人を見ると放ってはおけない性格だ。仲間の連続テレビ小説への出演は、『天うらら』『花子とアン』に続き3作目となる。

 仲間は優子を演じるにあたって、「今からとても楽しみでワクワクした気持ちです。個性豊かな子供たちの成長を支えながら、沖縄の美しい海、緑、空気を視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります」と意気込み十分な様子。

 また、長期間にわたる朝ドラの撮影については、「とにかく体力勝負です。黒島さんをはじめとするキャストの皆さん、スタッフの皆さんと共に、健康に気をつけしっかりと最後まで走り抜けていければと思っています」と朝ドラ経験者だからこそのコメント。

 舞台となる沖縄については、「好きな場所は、豊崎美らSUNビーチ、首里織や読谷村花織、芭蕉布など沖縄の織物も大変美しいのでお気に入りです」とお気に入りの場所を明かした。

仲間由紀恵 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

沖縄の豊かな自然の中、島の太陽を浴びながらすくすくと成長する子供たちを育てる、大らかで明るい母、優子を演じられることが今からとても楽しみでワクワクした気持ちです。
個性豊かな子供たちの成長を支えながら、沖縄の美しい海、緑、空気を視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります。

連続テレビ小説出演について

『花子とアン』の出演は大変、思い出深いです。
主役の吉高さんが魅力的でとても可愛らしかったです。
主役として出番が多く、頑張っていた姿を尊敬の気持ちで見守っていました。

朝ドラは長期の撮影になりますので、とにかく体力勝負です。
黒島さんをはじめとするキャストの皆さん、スタッフの皆さんと共に、健康に気をつけしっかりと最後まで走り抜けていければと思っています。

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

沖縄の好きなところは色々ありますが、食べ物はゴーヤーチャンプルーや沖縄そばが好きです。
好きな場所は、豊崎美らSUNビーチ、首里織や読谷村花織、芭蕉布など沖縄の織物も大変美しいのでお気に入りです。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる