川口春奈、『ちむどんどん』で朝ドラ初出演 努力家で優等生のネーネーに

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に川口春奈が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じ、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが担当する。

 川口春奈が演じるのは、比嘉家四兄妹の長女であり暢子の姉。抜群に勉強ができて、性格も優等生。正反対の性格の兄・賢秀(竜星涼)とたびたび喧嘩になる。料理は苦手である。人一倍の努力の末、子供の頃からの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立つ。

 川口は本作への出演について、「沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることが出来たらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います」とコメント。

 初出演となった朝ドラについては、「朝ドラは長い期間撮影すると思うので、チームでの一体感や達成感がすごいんじゃないかと思っています」と撮影を心待ちにしていることを明かした。

川口春奈 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

四兄妹の長女、良子を演じさせていただくこととなりました。きっとしっかり者で責任感の強いお姉ちゃんなのかなと思います。
沖縄という素晴らしい場所で、家族や兄弟の愛や絆をあったかく深く描いて皆様にお届けすることが出来たらと、今からとてもドキドキしています。もがきながらも一生懸命、全うしたいと思います。

連続テレビ小説出演について

朝ドラは長い期間撮影すると思うので、チームでの一体感や達成感がすごいんじゃないかと思っています。朝ドラは幅広い世代から愛される作品だと思いますので、とても光栄で楽しみです。

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

やっぱりあったかくてゆったりと時間が流れている気がして、人もあたたかくまったりしていてとても素敵なところだと思います。チャンプルーやソーキそばは好んで普段からもよく食べます。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる