『劇場版 七つの大罪』主題歌はスガ シカオが作詞 コーラスで梶裕貴&雨宮天も参加

 7月2日より公開される『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』の主題歌「その先の光へ」の作詞をスガ シカオが担当し、メリオダス役の梶裕貴とエリザベス役の雨宮天がコーラスで参加することが決定した。

 『週刊少年マガジン』で約8年にわたって連載され、単行本は全41巻で完結、累計発行部数は3,700万部を突破している人気コミック『七つの大罪』。TVシリーズやゲーム、劇場版の公開と多角的なメディアミックスを経て、現在、最終章となるTVアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』が放送されている。

 いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団“七つの大罪”が世界の危機に立ち向かっていく姿を描くヒロイックファンタジー。劇場版第2作となる本作も、原作者・鈴木央描き下ろしの完全新作オリジナルストーリーとなる。最凶の大罪人たちが再び、巨大なスクリーンで大暴れし、“最終章”のその先を描く。

 監督を務めるのは、劇場アニメ『図書館戦争 革命のつばさ』やTVアニメ『テニスの王子様』などを手がけてきた浜名孝行。脚本はTVアニメのシリーズ構成も務める池田臨太郎、そしてアニメーション制作はTVアニメに引き続きスタジオディーンが担当する。

 最後の物語を飾る主題歌「その先の光へ」でコラボレーションが実現することが決定。本楽曲の作曲は澤野弘之、作詞は、ポルノグラフィティが公私ともに仲が良く、長年のファンだと公言しているスガ シカオが担当する。ポルノグラフィティの岡野自身が掲げる”歌を抱えて、歩いていく“プロジェクトの一貫として本作の主題歌を担当することから、スガ シカオが参加する運びとなった。

 岡野は「澤野君から届いた『その先の光へ』のデモを聴いたその瞬間から名曲の匂いが漂っていました。そして、この曲を本当の名曲へと仕上げてくれるのはこの方しかいないとすぐにスガさんに作詞を依頼しました」とオファーするに至った経緯を明かし、「そんな2人が紡いだ最高の曲を歌うことができるのは、身震いするほどの幸せな体験です」と喜びの心境を語っている。

 そして、主人公メリオダス役の梶とヒロインのエリザベス役の雨宮がコーラスで参加することが決定し、2人にとってアーティスト楽曲へのコーラス参加は過去例のない初の試みとなる。そして、岡野は「梶裕貴さんと雨宮天さんにも参加頂き、彩を加えて頂いております。”最終章のその先“を描いたストーリーを飾るに相応しい、未来に光を見出せる曲と自信を持って言えるので映画とともに楽しみにしてもらえると嬉しいです」と自信をみせている。

主題歌歌唱・岡野昭仁(ポルノグラフィティ)コメント

澤野君から届いた「その先の光へ」のデモを聴いたその瞬間から名曲の匂いが漂っていました。
そして、この曲を本当の名曲へと仕上げてくれるのはこの方しかいないとすぐにスガさんに作詞を依頼しました。
そんな2人が紡いだ最高の曲を歌うことができるのは、身震いするほどの幸せな体験です。
さらに、コーラスとして『七つの大罪』で声優をされている、梶裕貴さんと雨宮天さんにも参加頂き、彩を加えて頂いております。
”最終章のその先“を描いたストーリーを飾るに相応しい、未来に光を見出せる曲と自信を持って言えるので映画とともに楽しみにしてもらえると嬉しいです。

■公開情報
『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』
7月2日(金)全国公開
原作:鈴木央 『七つの大罪』(講談社『週刊少年マガジン』)
監督:浜名孝行
脚本:池田臨太郎
声の出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、高木裕平、坂本真綾、杉田智和、中村悠一、 神尾晋一郎、川島明(麒麟)、井上裕介(NON STYLE)、倉科カナ
主題歌:岡野昭仁「その先の光へ」(SMEレコーズ)
制作:スタジオディーン
配給:東映
製作:「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
(c)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
公式サイト: www.7-taizai.net
公式Twitter:@7_taizai

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる