日向坂46 佐々木美玲、『賭ケグルイ双』での初体験と学んだこと 「悔しさも含めていい経験」

日向坂46 佐々木美玲、『賭ケグルイ双』での初体験と学んだこと 「悔しさも含めていい経験」

 Amazon Prime Videoにて独占配信中の『賭ケグルイ双』は、『賭ケグルイ』の主人公・蛇喰夢子(浜辺美波)が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚で、ごく普通の家庭に生まれた早乙女芽亜里(森川葵)を主人公に物語が展開されている。

 主演の森川葵らシリーズ過去作から続投となるキャストに加え、佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、萩原みのり、長井短らが新たに参加。アイドルグループ日向坂46として活動している佐々木美玲もその一人だ。昨年放送された『女子グルメバーガー部』(テレビ東京)で初の単独ドラマ出演を果たした佐々木が今回演じているのは、生徒会役員・風紀委員長の聚楽幸子(長井短)専用の“家畜”であり、彼女に仕えることで悦びを得る佐渡みくら。首輪につながれたビジュアルもファンの間で大きな話題となっている。

 そんなみくらを演じる佐々木は、今回の『賭ケグルイ双』でいくつもの初めての経験をしたという。役作りや演技への思いなどについて話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「すぐに『やりたいです!』と言いました」

ーー今回、『賭ケグルイ』という人気シリーズに新たに参加することになりました。

佐々木美玲(以下、佐々木):過去作は一晩で一気見しちゃうぐらい面白くて、物語もどんどん進んでいくので、引き込まれました。いままではクールな役を演じることが多かったのですが、私自身、『賭ケグルイ』のように観ていてビックリするような作品が好きなんです。過去作を観て、「こういう演技ができるようになりたいな」と思っていたときにお話をいただいたので、すぐに「やりたいです!」と言いました。

ーータイミング的にもばっちりだったと。

佐々木:はい、うれしかったです。ただ、原作ものの作品に出演するのは今回が初めてだったので、最初はどうやったらいいかが分からなくて……。なので、原作を読んで、みくらちゃんにはどういう過去があったか、どういう経緯で家畜になったのかなどを理解した上で、監督にアドバイスをいただきながら役を作っていきました。

ーー演じる上で、どのようなことを意識しましたか?

佐々木:もちろん原作にリスペクトしつつも、完全に寄せに行くのは難しかったので、自分の想像するみくらを作りました。普段はツンとしているけれど、聚楽様といるとうれしくてデレになる。そういったツンデレのギャップは大切にしました。

ーーこれまで『DASADA』(日本テレビ)や『女子グルメバーガー部』などで演じてきたリアリティのある役柄とはまた違ったタイプのお芝居だったと思います。

佐々木:自分に全くない要素ばかりだったので、まずどうやって表現したらいいかが分からなかったんです。過去作を観て「こうやってやればいいのか」と思って、実際に本読みで演じてみたら、「ちょっと寄せにいきすぎ」と言われてしまったり、難しいなと思うことがたくさんありました。でも、そうやって「どうやって演じればいいんだろう」と試行錯誤すること自体も楽しかったです。

ーー実際に撮影が始まって『賭ケグルイ』の世界に入ったときはどのような感想を抱きましたか?

佐々木:現場に入った瞬間、「わあ! 『賭ケグルイ』の世界だ!」とワクワクした気持ちになりました。映像で観ていた世界に入り込んで、皆さんのお芝居の迫力がすごすぎて圧倒されました。カッコいいなと思いましたね。

ーー佐々木さんが演じた佐渡みくらは、生徒会役員・風紀委員長の聚楽幸子(長井短)専用の家畜として首輪につながれ、彼女に仕えることで悦びを得るというなかなかハードな設定の役柄です。

佐々木:普通に生きていたら絶対に経験しないような設定ですよね(笑)。でも、聚楽様役の長井短さんがすごく優しくて。結構な勢いで首輪を引っ張られるシーンがあったんですけど、私としては全然痛くないのに、「痛くない?」って毎回毎回心配してくださったのがありがたかったです。「ここはこうやるんじゃないかな?」って一緒に考えてくださったりもして、すごく大好きになりました。

ーー長井さんとは共演シーンも多かったですよね。

佐々木:聚楽様は、原作漫画で読んでいて「どうやって演じるんだろう?」と思っていたんです。でも、実際に長井さんに会ってみたら、本当に聚楽様にぴったりで。しかも、ちょうど『賭ケグルイ双』の撮影をしていたときに、長井さんが出演していた『時をかけるバンド』(FOD)が放送されていて私も観ていたんですけど、聚楽様とは全然違う印象だったのでビックリしました。「これが女優さんなんだ!」と驚きましたね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる