『ハニーレモンソーダ』主題歌はSnow Man新曲 ラウールがキラーワードを放つ予告編も

 Snow Manのラウール主演映画『ハニーレモンソーダ』の主題歌がSnow Manによる書き下ろし新曲「HELLO HELLO」に決定。あわせて本予告とポスタービジュアルが公開された。

 ラウールが映画単独初主演を務め、吉川愛がヒロインを演じる本作は、村田真優による、集英社『りぼん』で連載中の累計発行部数500万部突破の同名少女コミックを実写映画化するもの。『ピーチガール』『honey』の神徳幸治監督が監督を務め、『PとJK』『私がモテてどうすんだ』の吉川菜美が脚本を担当する。

 中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)はレモン色の髪をした三浦界(ラウール)に出会う。みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているかわからない塩対応の界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。そんな界にどんどん惹かれていく羽花。そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。二人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり……。

映画『ハニーレモンソーダ』本予告

 公開された映像では、「石になっていた方がマシなんです」と自分に自信のない羽花が、人気者の界と出会い、心を通わせていく中で「変わりたい」と強く願い、仲間たちと笑顔溢れる青春を送っていく様子が映し出される。「助けてほしいときは俺を呼べ。飛んできてやる」「石でもお前は宝石なんだよ」「お前、ほんと俺のこと好きだな」など界のキラーワードや、二人のデートシーン、界が眠る姿などが収められている。

 また、本作のために書き下ろされたSnow Manの主題歌「HELLO HELLO」は、作品の世界にインスパイアされた、さわやかでポップな楽曲となっており、グループ初の甘酸っぱいラブソング。ラウールは、「最初にこの楽曲を聞いた時、ソーダがシュワシュワッとはじける音やレモン色が見えた気がしたんです。歌詞が映画の内容と合っているのも嬉しかったし、爽やかさとサウンドのオシャレさのあんばいがすごくよくて、キラキラというより僕の中ではキラッ☆ときらめくイメージ。今までの僕らにはなかったタイプの曲でとても気に入っています。映画公開にむけて、はやく皆さんの前で歌いたいです!」と、主題歌を担当することの喜びを明かしている。

 あわせて公開された本ポスターには、後ろから冷たいレモンソーダを頬に当てられ、驚いている羽花にいたずらな表情を見せる界の姿と、「髪はレモン、性格はソーダな男の子 あなたに出会い、世界が変わる」というキャッチコピーが綴られている。

■公開情報
『ハニーレモンソーダ』
7月9日(金)全国ロードショー
出演:ラウール(Snow Man)、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ほか
原作:『ハニーレモンソーダ』村田真優(集英社『りぼん』連載)
監督:神徳幸治
脚本:吉川菜美
主題歌:「HELLO HELLO」Snow Man(avex trax)
企画・配給:松竹
制作:オフィスクレッシェンド
(c)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる