北村匠海と井浦新が粉まみれ!? 『にじいろカルテ』一風変わった第7話に潜むメッセージ

『にじいろカルテ』不思議な第7話の意味

 また、風穴の中にある社の管理を任された日出夫(泉谷しげる)や霧ヶ谷(光石研)らは、こぞって御神体である石を落としてしまい、そこら辺に転がっていた石を供えてごまかす。その一連からは、御神体の真偽よりも伝統行事を純粋に楽しむ心が大切なのだというメッセージを感じることができよう。前近代的な習わしに闇雲に固執せず、それに関わる人々に想いをめぐらせながら時代に即して変化していかなければ、たとえどんなに良い風習であっても廃れてしまう。時代が移りゆく中で変わりつつある伝統や風習のあり方を、虹ノ村らしいユーモアで示しているというわけだ。

■久保田和馬
1989年生まれ。映画ライター/評論・研究。好きな映画監督はアラン・レネ、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■放送情報
『にじいろカルテ』
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00〜21:54放送
出演:高畑充希、井浦新、北村匠海、安達祐実、眞島秀和、光石研、西田尚美、泉谷しげる、水野美紀、モト冬樹、半海一晃、池田良、水野久美
ゲスト出演:佐々木希
脚本:岡田惠和
演出:深川栄洋
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサ:貴島彩理(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
制作:テレビ朝日、アズバーズ
(c)テレビ朝日
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/nijiiro/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる