『半妖の夜叉姫』とわに宿る母・りんの“人を愛する心” 虹色真珠のルーツも明らかに

『半妖の夜叉姫』とわに宿る母・りんの“人を愛する心” 虹色真珠のルーツも明らかに

 高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』シリーズのスタッフが再集結し、次世代の物語を紡ぐ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系)の第21話「虹色真珠の秘密」が2月27日に放送された。

 生まれた直後に父・殺生丸と母・りんと別れ、森の中で暮らしていたが火事に巻き込まれ離れ離れになった半妖の双子、とわ(松本沙羅)とせつな(小松未可子)。前回、とわが現代にタイムスリップした後、せつなが百鬼蝙蝠と呼ばれる妖怪と人間の間に生まれた半妖・紫織が結界を張った隠れ里で暮らしていたこと、そして幼い頃のせつなは殺生丸ゆずりの強さ故に冷酷な一面があり、弥勒によってその妖力は封印されたことが明らかとなった。

 打って変わり、第21話は彼女の双子の姉であるとわ回。朔の夜に妖力を失ったとわの髪色は黒に変化し、それを見た楓(京田尚子)は彼女にりんの姿を重ね、とわとせつなを産んだ後のりんについて話し始める。りんは生まれたばかりの子どもを無言で森の中に連れていった殺生丸のことを信じそのまま楓と暮らしていたが、ある夜、突然姿を消したという。誰かに連れ去られたのかもしれない、自ら娘たちや殺生丸を探すために家を抜け出したのかもしれない……。いずれにせよ、世は戦国。楓はもしかしたら、すでにりんがどこかで命を落としているかもしれないと諦めているようだった。

 しかし、とわは夢の中で時代樹の中に眠る少女の姿を見る。娘の勘なのか、その少女が母であるりんだと分かった。眼を覚ますと、そこにはせつなから眠りを奪った夢の胡蝶が。追いかけた先で、とわは理玖(福山潤)と再会する。

 理玖は本作の中で最も謎めいたキャラクターだ。“陸に上がった海賊”である彼はとわに近づき、なぜか虹色真珠を狙っている。とわとせつな、そして犬夜叉とかごめの娘・もろは(田所あずさ)が持っている虹色真珠についてはこれまで、四魂の玉と同じように所有者に力を与えることや、全てを集めてはならず、麒麟丸の姉・是露(坂本真綾)がばらまいたことが分かっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる