高橋一生は作品の“印象”を左右する 『天国と地獄』入れ替わり演技の妙を読む

高橋一生は作品の“印象”を左右する 『天国と地獄』入れ替わり演技の妙を読む

 ところが、日高の身体に望月が入ってしまってからはどうだろう。彼(つまり望月のこと)が不憫でならず、入れ替わる前の状態に戻るために奮闘する姿は愛おしくてたまらない。そう感じさせるのが、高橋の演技の説得力だ。もちろん、“本来の望月”を演じる綾瀬の焦燥感漂うモノローグが手伝っていることは間違いない。彼女の語りには切実さが滲み、聞いていると思いがけず泣いてしまうこともある。だがあくまでも身体は日高(つまり演じる高橋)のもの。ここでの高橋による、望月の内面を体現する身体の扱い方に惹きつけられる。それは“中身が女性になった男性”ではなく、あくまでも“望月という女性が入ってしまった日高という男性”の動きなのである。望月の語りが重なることも相まって、彼(=望月)を応援しないわけにはいかないのだ。「もしも元に戻ることができなかったら?」「もしも日高陽斗として逮捕されたら?」という彼女の心情を表面化させた終始不安げな表情と、そこにときおりのぞかせる闘志もまたいい。本作において高橋は、“望月彩子を演じる綾瀬はるか”と完全に化していると思う。

 とはいえこの“入れ替わり劇”は、設定そのものとしてはコメディに傾いてしまいがちなものだろう。中身が入れ替わってしまうことによって生じるあらゆるズレは、そのまま「笑い」を生み出すはずだ。しかしそうなっていないのは、高橋の演技のさじ加減の功績が大きく反映されているように感じる。本作の主人公は望月彩子という人物だが、入れ替わりによって日高陽斗がフォーカスされるわけだ。作品の“色”や“手触り”を決定づける多くは主役の仕事なものの、このドラマの“印象”を左右しているのは、入れ替わり後の高橋一生というわけなのである。ダーティな表情を見せる綾瀬はるかからも目が離せないが、本作がコメディ要素も含みつつスリリングな物語として展開する一端を高橋が担っているのだ。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

■放送情報
日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』
TBS系にて、 毎週日曜21:00~21:54放送
出演:綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑、溝端淳平、中村ゆり、迫田孝也、林泰文、野間口徹、吉見一豊、馬場徹、谷恭輔、岸井ゆきの、木場勝己、北村一輝
脚本:森下佳子
編成・プロデュース:渡瀬暁彦
プロデュース:中島啓介
演出:平川雄一朗、青山貴洋、松木彩
製作著作:TBS
(c)TBS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる