>  >  > 『僕キセ』高橋一生の名言を振り返る

“ちょっとだけ普通じゃない”高橋一生が教える生き方 『僕らは奇跡でできている』が放つメッセージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 正直に言おう。最初は半信半疑だった。けれども、そこに何かがあるような気がして、毎週観続けていたら次第にハマってしまい、いまや毎回不意打ち的に訪れるカタルシスにハッと胸を締め付けられ、こともあろうか少し涙したりしているのだ。そう、高橋一生主演のドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)のことである。このドラマは、今クールの数あるドラマのなかでも、いちばん驚かされた一本だった。そして、そのタイトルから想起されるように、やはり本作は同じ脚本家・橋部敦子の“僕シリーズ3部作”(『僕の生きる道』(2003年)、『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年)、『僕の歩く道』(2006年)と続いた草なぎ剛主演の一連の作品)の流れを汲む作品なのだと、改めて確信するに至ったのだった。

 「生き物の“フシギ”に夢中で“フシギ”な大学講師が、周囲の人々の“フツウ”をざわつかせる!?」という触れ込みの通り、このドラマは、動物行動学を教える大学講師、相河一輝(高橋一生)と、彼を取り巻く人々の群像劇とも言えるような物語だ。生き物の研究に夢中で、それ以外のことには無頓着な一輝は、他人の話を上の空で聞いていることも多く、空気を読まずに率直な疑問を口にし、相手の機嫌を損ねることも多い。一輝を大学に呼んでくれた彼の恩師でありよき理解者でもある鮫島教授(小林薫)を除けば、同僚からも生徒からも、そして偶然知り合った歯科医の女性、水本育実(榮倉奈々)からも、どこか“扱いづらい存在”として思われている。

 普通の人とは違う、ちょっと“変わった存在”である主人公が、その言動によって周囲の人々の心に緩やかな変化を与えてゆく……というのは、大まかに言うと“僕シリーズ3部作”と共通している。しかし、“僕シリーズ3部作”の主人公がそれぞれ、余命一年と診断された主人公(テーマは“愛と死”)、妻に離婚を言い渡されシングルファザーとなった主人公(テーマは“絆”)、動物園で働く発達障害者(自閉症)の主人公(テーマは“純粋”)であったのと比べると、本作の主人公・一輝は、そこまで“ドラマチックな”人物ではない。確かにちょっと変わってはいるけれど、「自分のまわりにも、こういう人はいるかもしれない」と思わせるギリギリのラインで踏み止まっているように思えた。

「“ちょっとだけ普通じゃない”高橋一生が教える生き方 『僕らは奇跡でできている』が放つメッセージ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版