フィッシュマンズのドキュメンタリー映画が今夏公開 茂木欣一「心からありがとう」

フィッシュマンズのドキュメンタリー映画が今夏公開 茂木欣一「心からありがとう」

 フィッシュマンズのドキュメンタリー映画『映画:フィッシュマンズ』が今夏公開されることが決定した。

 1987年に結成され、1991年4月21日にシングル「ひこうき」でヴァージン・ジャパンよりメジャーデビューしたフィッシュマンズ。楽曲のほぼすべての作詞・作曲を担当するボーカルの佐藤伸治が1999年に急逝したが、現在も活動を続け、音楽シーンに影響を与え続けている。

 2019年2月の「闘魂2019」のリハーサルから撮影を開始した本作では、明治学院大学ソング・ライツ部室、渋谷La.mama、渋谷クラブクアトロ、三軒茶屋クロスロードスタジオ、VIVID SOUND STUDIO、日比谷野外音楽堂をはじめメンバーとゆかりの地を訪れインタビューを敢行。今まで多くを語ることなかった現・旧メンバーがカメラの前で当時のことを振り返るほか、関係者が保管していた100本以上のVHSなどの素材をデジタイズ化した本邦初の映像を多数収録。音楽ドキュメンタリーとしては異例の180分近い作品としてまもなく完成予定だ。デビュー30周年の節目に、多くの人々の「フィッシュマンズ」への想いが込められた作品に仕上がっている。

 2019年に実施されたMotionGalleryのクラウドファンディングでは1157名から1800万円を超える支援を集めた本作の監督を務めたのは、昨年末に公開された般若のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』の撮影監督を務めた手嶋悠貴。撮影と編集合わせ、製作期間に2年以上が費やされた。

 公開決定にあたり、手嶋監督とフィッシュマンズのリーダーであり現在は東京スカパラダイスオーケストラでも活動するドラムの茂木欣一からのコメントも到着した。

コメント

手嶋悠貴監督

茂木欣一さんと約束した言葉、「これが最初で最後。嘘偽りなく、フィッシュマンズのすべてを話す」。フィッシュマンズのサウンドを作り上げていった仲間たち、音楽に人生を捧げた佐藤伸治さんの生き様が、三時間近いこの映画の中に詰まっています。彼らの素晴らしい音楽が、沢山の人々の心に響いて欲しい。それがこの映画の想いです。

茂木欣一

フィッシュマンズの仲間たちの出会い、別れ、再会。一人一人がどのような気持ちでここまでの日々を送って来たのか。カメラの前で心の内側を話してくれたみんなの言葉に僕は驚き、そして、こんな素敵な仲間たちと出会えた人生に感謝せずにはいられない。結びつけてくれたのは、佐藤伸治が作り出した色褪せることのない楽曲たち。
この映画の完成にすべてを捧げてくれた手嶋監督はじめスタッフの皆さんの愛に、心からありがとう。

■公開情報
『映画:フィッシュマンズ』
2021年夏ロードショー
出演:フィッシュマンズほか
監督:手嶋悠貴
企画・製作:坂井利帆 
撮影:山本大輔
録音・整音:黄永昌
構成:和田清人
編集:大川景子
アートディレクター:大村雄平
制作プロダクション:ACTV JAPAN
配給:ACTV JAPAN/イハフィルムズ
(c)THE FISHMANS MOVIE 2021
公式サイト:https://fishmans-movie.com
公式Twitter:https://twitter.com/FishmansMovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる