『半径1メートルの君』は今こそ観たい作品に 豪華制作陣が伝える人の“温度感”

『半径1メートルの君』は今こそ観たい作品に 豪華制作陣が伝える人の“温度感”

 近くにいる誰かを大切にできているだろうか。つい忘れてしまう感謝の気持ち、ふと感じる愛情、誰かを慕う心。そんなかけがえのない想いを描いた作品が2月26日に公開される。『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』は、8組24名の人気俳優、吉本タレント、クリエイターが織りなすオムニバス作品だ。新型コロナウイルスの影響で撮影中断や公開延期が余儀なくされた映画業界に、「前向きで、世の中に元気を届ける」、「エンタメの炎を絶やさない」という想いのもと誕生した本作では、まさに“密”な人間関係が描かれる。各話約10分で紡がれた『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』は、昨今のピリピリとしたムードを吹き飛ばすがごとく、笑顔とハートフルな温かさを届けてくれるのだ。

 新型コロナウイルスが我々の生活にもたらした代償は大きい。人と接触できない日々が続き、コミュニケーションは徐々に疎遠に。本来人々に元気を与えるべくエンタメも、映画を筆頭にその勢いを失う経験をする。リモートワークでのコミュニケーション不足や、オンライン授業のせいで友人と遊べない辛さ、我々は改めて“人と人”が触れ合うことで感じる体温にどれだけ元気と勇気をもらってきたのかを気付かされる。『半径1メートルの君〜上を向いて歩こう〜』はまさに、そんな暖かさを、映画を通して再確認するかのような作品だ。各話ごとに2人の主人公が出演し、そのほとんどがワンシチュエーション。近距離での“心の濃厚接触”を描くハートフルな作品群からは、まるで乾いた心に水が染み渡るように、いきいきとしたエネルギーが感じられる。オムニバス作品は全部で8本。それぞれの演者は、人気俳優×よしもとタレントという掛け合わせ、脚本には『半沢直樹』(TBS系)の丑尾健太郎、ヨーロッパ企画の上田誠、ピースの又吉直樹など豪華クリエイター陣が揃い、作品を牽引する。

 さらに今回が映画初脚本となるジャルジャル・福徳秀介と3時のヒロイン・福田麻貴、そして映画初監督・脚本となる霜降り明星の粗品など、よしもとタレントの新たな才能を開花させる企画にもなった。ジャルジャル・福徳秀介は相方の後藤淳平を演者に迎え、白石聖との思わず“キュン”とする作品を描いた。3時のヒロイン・福田は、芸人の中でも特に演技力を評価される南海キャンディーズの山崎静代と、NHK連続テレビ小説『エール』でも活躍した松井玲奈を演者に迎え、温かい姉妹の物語を紡ぐ。それぞれが持ち味を生かした演出や脚本で挑み、「笑い」とはまた違ったアプローチで世の中に元気を届けてくれるのだ。

 そして、見どころはクリエイター陣ばかりではない。演者には今をときめく俳優やよしもとタレントが名を連ねる。ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)で新境地を開いた小池徹平が関西弁で、シソンヌ・じろう演じる芸人のマネージャー役を演じるなど、思いがけないコラボレーションがスパイスとなり作品を彩っている。さらにハリセンボン・近藤春菜と共演したのは水川あさみだ。プライベートでも親交のある2人は、Instagramでコラボライブ配信をするほどの仲。ふたりの生み出す“おっちょこちょい”な物語にも注目したい。他にも2019年に『PRODUCE 101 JAPAN』で101人中1位となりJO1のセンターを務める豆原一成とNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で好演を見せた岡村隆史のタッグ、現在『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)に出演中の倉科カナとチュートリアル・徳井義実の「優しい」物語、ラッパーの般若とロバート・秋山の熾烈なMCバトルなど、それぞれの作品に個性と愛が詰まっている。8組のクリエイターと演者が「元気を届ける」ためにどんな作品で挑んできたのか。そして豪華俳優陣とよしもとタレントのテンポの良い掛け合いがどのようなハーモニーを生み出しているのかは、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる