『天国と地獄』最重要人物の存在が明らかに キーワード“クウシュウゴウ”を考察

『天国と地獄』最重要人物の存在が明らかに キーワード“クウシュウゴウ”を考察

「東朔也って、誰……?」

 すべての視聴者と主人公・望月彩子(綾瀬はるか)の心境がリンクした日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)。第6話にして、最重要人物と思われる「東朔也」という名前が飛び出す。それは、日高陽斗(高橋一生)が奄美大島で名乗っていたとされる名前で、“朔”とは新月を表す文字だ。これまでは「日高(太陽)と望月(満月)」の入れ替わりを中心にをストーリーが展開されてきたが、ここにきて「陽斗(太陽)と朔也(新月)」の入れ替わりが物語のキーを担っている線が浮上してきた。

お手柄&名推理に「陸、超愛してる!」

 第6話は、彩子の同居人・陸(柄本佑)が大奮闘。前回は、日高と彩子による息の合ったバディっぷりが爽快だったが、今回は陸と彩子のタッグが視聴者を楽しませてくれた。九十九(中尾明慶)の証言で日高が新月の夜に殺人を犯してきたことを知った彩子。なんとか日高の犯行を止めようと、陸に日高が事件の証拠品を隠したコインロッカーを探し出すように依頼する。彩子からの軍資金をもとに、機転を利かせた陸は便利屋の師匠・湯浅和男(迫田孝也)の持つネットワークを駆使してコインロッカーを探し出すことに成功。そこには、あの殺人リストと共に『暗闇の清掃人Φ』の漫画が。陸は、描かれている内容に目を通し、ミスターXによって指示された清掃人が、法では裁けない悪いヤツらを殺していくストーリーであること。そして、そのミスターXから指令が数字でなされていることを突き止める。“日高と2人分の人生を生きている”そんなふうに感じ始めていた彩子にとって、陸の冷静な推理は実に頼もしく映ったのだろう。思わず「愛してる!」と感情を高ぶらせる。

“9”の現場でミスターXを待っていた日高

 そして、第1話から漂っていた殺人現場の妙な清潔感は、日高が清掃会社を装って、ターゲットの家に侵入していた手口だったことが判明する。歩道橋に描かれた“9”は、殺人リストにあった「久米正彦」の家だ。事前に夫人の目の前で具合が悪くなったふりをして接触。後日、ホームクリーニング業をしていることから「助けてもらったお礼に無料で掃除をさせてほしい」と申し出て、堂々と玄関から入っていく大胆な手口を披露する。そして、侵入ルートを確保すると、夜中の犯行時刻までクローゼットの中に隠れてミスターXを待つという流れだった。しかし、この日は外に彩子と八巻(溝端淳平)が張り込みをしていたことから、ミスターXと思われる怪しい人物は踵を返してしまった。日高は久米夫妻を気絶こそさせたものの、殺害をせずに逃走。誰も殺されなかったと安堵する彩子だったが、ますます日高の心理がわからなくなる。

死んでいるはずのクウシュウゴウ

 一方、独自の捜査を進める河原(北村一輝)は、第1の殺人事件「一ノ瀬正造殺し」の際に、嘘の証言をした戸田一希(橋本真実)を問い詰める。そこでジムの顧客リストを売った相手の名前が“クウシュウゴウ”であることを突き止めた。その口座に登録されていた本名・十和田元(田口浩正)の家へと向かうも、すでに自殺してこの世を去っていたことが明らかに。その遺品は清掃会社によって処分されていたが、スタッフが1つだけ持ち出されたものがあったことを覚えていた。それが漫画『暗闇の清掃人Φ』であり、手にした人物というのが「東朔也」であるとつながる。さらに、死んだはずのクウシュウゴウは、陸に3度も歩道橋にある数字を消すように依頼をしていた。さらに、日高が漫画を持ち去ったと言われている「東朔也」の名前を、死亡届検索で調べる姿が。こちらも、すでに死んでいる可能性のある人間ということなのだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる