杉咲花、明日海りお、若村麻由美 三者三様の魅力を放った『おちょやん』第10週を振り返る

杉咲花、明日海りお、若村麻由美 三者三様の魅力を放った『おちょやん』第10週を振り返る

 『おちょやん』(NHK総合)第10週は、「鶴亀家庭劇」の個性豊かな俳優たちの魅力が描かれた週となった。

 一平(成田凌)が座長を務める「鶴亀家庭劇」は、千之助(星田英利)が台本にない動きで意表をついて強引に笑いをとっていくスタイル。機転が利く千代(杉咲花)でさえ千之助のアドリブには戸惑うのに、完璧主義で台本どおり忠実に演じる新派出身の高峰ルリ子(明日海りお)は千之助のやり方に納得できるわけがない。

 歌舞伎出身の小山田正憲(曽我廼家寛太郎)は見栄を切った芝居をするし、鶴亀歌劇団出身の石田香里(松本妃代)は台詞に節をつけてなぜか踊ろうとするし、劇団としてまとまる気配は全くなかった。

 物語が大きく動いたのは第48話。「台本がなければ芝居ができないは五流だ」と千之助に暴言を吐かれたルリ子は出て行ってしまう。一平と千代がルリ子に戻ってほしいと頼みにいくが、ルリ子は相手にしてくれない。なぜルリ子は千代のことを嫌っていたのか、彼女の過去とどれだけ芝居を続けるために努力してきたかが明らかになった。

 東京の新派の名門、花菱団で主役の座を奪った若い女優を絞め殺そうとしたというルリ子の噂。実際は、主役だけでなく、婚約者までもとられ、悔しさのあまりその女優の顔を叩いたら、首を絞めたことにされたというもの。千代を嫌うのは、その女優に千代が似ていて、おまけに映画出身というところも同じだからだった。本当のことを言っても信じてもらえず追い出され、どこに行ってもうまくいかないから今回が最後のチャンスだったという。

 千代はまっすぐな目で「うちは、絶対に高峰さんのこと裏切ったりせえへん」と言い、「こないなことで役者辞めたらあかんのだす!」とルリ子に訴えた。第10週のタイトル「役者辞めたらあかん」は、千代からルリ子への強い思いが詰まった台詞だったのだ。

 第46話の稽古中に「才能のある女優さんは違いますなぁ」という千代の褒め言葉に怒りを露にしたルリ子だったが、過去を知ることでその心情がわかる。おそらく、千代に似た若い女優は言葉巧みに人の心に入り込み、安心させて、ルリ子から大切なものを奪っていったのだろう。そして「才能」という言葉に強く反応したのは、いつも新しい芝居の前には常宿にしていた「福富」の菊(いしのようこ)を相手に台本を読み、上方の言葉遣いは合っているか、意味は間違っていないかを確認していた彼女にとって、その苦労も努力も知らず簡単にほめそやす相手への不信感の表れ。

 ルリ子の過去や努力を千代が知らなかったように、ルリ子もまた千代の過去や努力を知らない。シズ(篠原涼子)に「相手に笑ろてほしかったら、まずは自分が笑とかな」と言われ、ルリ子にも笑ってほしいと伝える千代。

 裏切られた過去や居場所を失うことの不安と背中合わせでも笑顔でいられる強さと目の前の相手を思いやることができる優しさ。ルリ子を救った千代のたくましさが眩しく、千之助との戦いにも負けるなと応援せずにはいられなかった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる