『青のSP』隆平はなぜ赤嶺中にこだわるのか? 第4話は真木よう子が実質的な主役に

『青のSP』隆平はなぜ赤嶺中にこだわるのか? 第4話は真木よう子が実質的な主役に

 タイトルバックから始まった『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(カンテレ・フジテレビ系)第4話は予想を上回る急展開で、観ているこちらも思わず引き込まれた。(以下、ネタバレあり)

 誰もが学校に何かを置いてきている。楽しかった思い出や辛い過去の記憶、優勝のトロフィーにやり残した宿題。そしてビデオカメラも。女子更衣室で盗撮カメラが発見される。映像は動画サイトに投稿。投稿したのは今井莉緒(藤嶋花音)の兄だった。陸上部でマネージャーを務める莉緒には秘めた思いがあった。

 隆平(藤原竜也)にとって、それは1年前の出来事だ。置いてきたのは香里(明日海りお)の死の真相で、音楽教師だった香里は自宅アパートの階段から転落して亡くなっていた。隆平は、生徒へのセクハラで辞めた美術教師・岡部(遠藤雄弥)がいたことを知る。被害を受けた涌井美月(米倉れいあ)の担任が香里で、香里は岡部と言い争っていた。

 他に監視カメラがないか校内を点検していた涼子(真木よう子)と柴田(泉澤祐希)は、バレー部顧問の澤田(智順)が菊池京介(鈴木悠仁)と部室から出てくるのを目撃する。突然、過呼吸になった京介は、澤田からセクハラを受けていることを打ち明ける。

 盗撮とセクハラ、教師間の反目。別々の事件は輻輳しながら、それぞれの終着点に向かっていく。前回「何もできなかった」と気付いてしまった涼子は、担任として京介のために戦おうとする。「そのやる気が裏目に出ないといいけどな」と隆平に皮肉られながらも、バレー部の部員に協力を求め、澤田にセクハラをやめるよう申し出た。

 第4話の隆平はおとなしい。教師と生徒の間に割って入り、容赦なく実力行使してきたのが嘘のようだ。莉緒の盗撮を突き止めた後は、香里の事件の聞き込みを続けるだけ。代わって前面に出てきたのが涼子で、第4話の実質的な主役となった。隆平が涼子を放置したのは考えがあってのこと。京介を助けたいと相談する涼子に、隆平は「無理だ」とにべもない。「証拠がないと動けない」「まずは被害届を出せ、そうしたら捜査してやる」「俺の仕事の範疇じゃない」。むっとする涼子に、さらに追い打ちをかけるように「お前、菊池京介のために何かしたのか?」

 たしかに言い方はひどいが、隆平の様子からはあえて手を出さないという意図も垣間見えた。少なくとも第4話に関しては、隆平は校内の自浄作用に委ねたと言える。結果的に涼子は担任としての責務を全うし、莉緒や京介は、今までどおり学校生活を送れるようになった。実は、隆平が裏で手を回していたのだが。学校は生徒と教師が主体であると理解しているがゆえの行動で、隆平にはスクールポリスがどうあるべきかについて明確なポリシーがある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる