山口紗弥加「藤原竜也くんが演じるからこその説得力」 『青のSP』主人公・嶋田隆平を語る

山口紗弥加「藤原竜也くんが演じるからこその説得力」 『青のSP』主人公・嶋田隆平を語る

毎週火曜21時よりカンテレ・フジテレビ系で放送中の『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』にレギュラー出演している山口紗弥加からコメントが到着した。

 本作は、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原竜也)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。学校内に警察官がいる異常な状況に浅村涼子(真木よう子)ら教師陣から反発を受けながらも、嶋田は想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

 山口が本作で演じる水野楓は、3年2組担当の英語教師。当初、教師たちは校内に警察官が駐在することに関しては反対していたが、山口は「1話では乱暴で冷徹な警察官だと思っていましたが、やり方は横暴ながらも2話では結果的に大林優也を救い、楓先生を救った。恩人でもある嶋田さんに対して、教師の中では、楓先生が、最初に信頼を置いたのは楓なのだと思います。嶋田さんの言葉は凶器。ですがそこには強烈なメッセージ性がありますよね…そこは、(藤原)竜也くんが演じるからこその説得力なんだろうなと(笑)」と話す。そして、第3話の見どころについて山口は、「第3話では窃盗事件や生徒の薬物疑惑などの事件が次々と起こり、嶋田さんらしく奇抜なやり方で解決しようとします。第2話の大林くんや楓先生のように救われる人はいるでしょうか? 学校内本当に起きているかも…と想像するとゾッとする内容とスクールポリスという存在について、皆さんにも考えていただければと思います」と語った。

 一方、赤嶺中学校の音楽教師・小川香里(明日海りお)が事故死していたことが第2話で判明。その事件について浅村に尋ねる嶋田。そんな嶋田の存在について山口は「敵だと思っていたスクールポリスが、自分にとって味方だったと安堵(あんど)した一方で、一体彼の正体は何なのか…。真の目的は…。第3話はミステリアスな嶋田の謎に、もう一歩、近づくことになると思います」とコメントした。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■放送情報
『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:藤原竜也、真木よう子、山田裕貴、泉澤祐希、たくませいこ、渋谷謙人、智順、兒玉宣勝、金沢雅美、音尾琢真、石井正則、須賀健太、遠藤雄弥、明日海りお、峯村リエ、升毅、山口紗弥加、高橋克実
脚本:大石哲也、山岡潤平、小島聡一郎
音楽:菅野祐悟
プロデューサー:河西秀幸、国本雅広、高橋史典
演出:国本雅広、白川士、高橋貴司
制作:カンテレ、ケイファクトリー
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/schoolpolice/
公式Twitter:https://twitter.com/bluesp_tue21
公式Instagram:https://www.instagram.com/bluesp.tue21/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる