坂元裕二脚本の映画が出来るまで 『花束みたいな恋をした』でも尊い“ファミレスの会話劇”

坂元裕二脚本の映画が出来るまで 『花束みたいな恋をした』でも尊い“ファミレスの会話劇”

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、いまロイホのいちごパフェが食べたい大和田が『花束みたいな恋をした』をプッシュします。

『花束みたいな恋をした』

 ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)、『最高の離婚』(フジテレビ系)、『Mother』(日本テレビ系)、『Woman』(日本テレビ系)、『カルテット』(TBS系)……坂元裕二の心に残る名作と聞かれたら、あなたは何が浮かぶだろうか。

 2018年に『anone』(日本テレビ系)の放送が終了したタイミングで、坂元は自身のInstagramにて、「これにてちょっと連ドラはお休みします」と発表した。1月クールドラマの放送が終わり、新ドラマの発表も続々とあったなかでの、この発言のショックと寂しさはいまだに覚えている(参考:坂元裕二の休息はテレビドラマ史の節目となる 2010年代における功績を振り返る)。その後は舞台『またここか』の脚本を手がけるほか、表立った作品の発表はなかった坂元裕二。当時舞台を観に行った人がSNSに投稿していた感想を、羨ましい思いで追い続けていた記憶がある。

 そして2020年、世間が新型コロナウイルスで大変なことになり始め、俳優が自宅で自ら撮影した映像で構成される“リモートドラマ”の放送が流行し、坂元裕二が2年ぶりの地上波ドラマの脚本を手がけたリモートドラマ『Living』(NHK)、その後、スペシャルドラマ『スイッチ』(テレビ朝日系)が放送された。なんの前触れもない、突然のドラマ復帰には驚いた。

 そして2021年、坂元は初のオリジナル映画『花束みたいな恋をした』を書き下ろした。本作のプレスに掲載されていたインタビューでは「映画は向いてないからやりたくなくて、一生ないと思っていたんです」と明かしている坂元。映画作りのオファーがあり、一度断っても声をかけ続けてくれていた人物が3人いて、そのうちの1人が『スイッチ』のプロデューサー中川慎子であり、もう1人が『花束みたいな恋をした』のプロデューサー孫家邦だったという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「週末映画館でこれ観よう!」の最新記事

もっとみる