『にじいろカルテ』は笑顔を忘れない医療ドラマに 井浦新×高畑充希が紡ぐ優しい関係性

『にじいろカルテ』は笑顔を忘れない医療ドラマに 井浦新×高畑充希が紡ぐ優しい関係性

 難病の多発性筋炎を抱えていることを隠したまま、内科医として虹ノ村にやってきた真空(高畑充希)だったが、村人たちにその秘密を告白。すると外科医の朔(井浦新)は「医者で患者、最強じゃん」と言葉をかけ、他の村人たちもそれを受け入れてくれる。1月28日に放送されたテレビ朝日系木曜ドラマ『にじいろカルテ』第2話では、ついに虹ノ村診療所がオープン。真空と村の人々との“診察”という名の交流によって、ほっこりとした空気感を維持したまま、本格的に物語がはじまるというわけだ。

 太陽(北村匠海)や嵐(水野美紀)らとともに村中をめぐりながら、お年寄りたちの往診をする真空は、スマホを買ったばかりだという元教師の佐和子(水野久美)の話し相手になることを自ら買って出るなど、自分を歓迎してくれる村人たちに真摯に向き合おうとする。しかし診察でもひとりひとりに向き合おうとするあまり、診療所は常に混雑。真空自身も疲労が蓄積してしまうのだ。そんななか、診察に訪れた次郎(半海一晃)に風邪の診断を下した真空。その直後に次郎は苦しそうな様子で診療所を再訪し、真空は自分が誤診をしてしまったことに気が付くのである。

 前述の「最強じゃん」の言葉もしかり、朔が真空にかける言葉はちょっぴり不器用さもありながらも飾らない彼の人柄、真空とはまた違うベクトルのまっすぐさを表しているようだ。病も含めて自分を受け入れてくれる村人たちの期待に必死に応えようとして、キャパオーバーに陥ってしまう真空を見て、太陽とともに心配する朔。次郎の一件があった時に、真っ先に自分の誤りを認める真空に対して困ったようにつぶやく「先輩に怒らせろよ」からの、その後の「ちゃんと怒られろ、俺に」の言葉は、期待も不安も全部ひとりで抱え込んでしまう真空に向けられた、朔なりの“もっと頼っていい”“もっと甘えていい”という救いの手のようなものだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる