本木雅弘主演で志賀直哉原作『流行感冒』ドラマ化 安藤サクラ、仲野太賀、古川琴音ら共演

 本木雅弘主演の特集ドラマ『流行感冒』が、NHK BS4Kにて3月27日に放送されることが発表された。

 本作は、志賀直哉の同名小説を映像化した人間ドラマ。今から100年前、「スペイン風邪(=スペインインフルエンザ)」が全世界を未知なる恐怖に陥れた。 日本では1918年(大正7年)から3年間で関東大震災の4倍の約40万人の死者が出たといわれている。志賀は、ウイルス禍に怯え生きる当時の自身の経験や心情を『流行感冒』という短編小説で描いた。感冒流行の中、理性を失いむやみに人間不信に陥った主人公が、人への信頼を取り戻し日常に帰るまでの“心理的な綾”が描き出される。

 本木が主演を務めるほか、安藤サクラ、仲野太賀、古川琴音、松田るか、石橋蓮司らがキャストに名を連ねた。脚本は、てがみ座主宰の劇作家・長田育恵が手がけている。

■放送情報
特集ドラマ『流行感冒』
NHK BS4Kにて、3月27日(土)放送予定
NHK BSプレミアムにて、4月以降放送予定
出演:本木雅弘、安藤サクラ、仲野太賀、古川琴音、松田るか、石橋蓮司ほか
原作:志賀直哉『流行感冒』
脚本:長田育恵
音楽:清水靖晃
制作統括:松川博敬
演出:柳川強

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる