森七菜が語る、『恋あた』の魅力と自身の恋愛観 「恋愛したら大変なことになっちゃうかも」

森七菜が語る、『恋あた』の魅力と自身の恋愛観 「恋愛したら大変なことになっちゃうかも」

 毎話、登場人物たちの恋模様が話題を呼んでいる『この恋あたためますか』(TBS系)。“一番売れる”スイーツ開発をしながら生まれる、夢破れたコンビニアルバイトとコンビニチェーン社長の甘い恋を描く本作は、最終回に向けて、さらにその盛り上がりが加速している。

 今回、リアルサウンド映画部ではヒロイン・井上樹木役で主演を務める森七菜にインタビュー。相手役となる中村倫也との共演から、大活躍の2020年を振り返っての心境、今後の目標についてまで語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画・動画コメントあり】

「社長は、とにかくかっこいいと思います」

ーー今回、ラブコメディというジャンルにどのように挑戦しましたか?

森七菜(以下、森):自分たちが身の回りで起きたこと、いわゆる身内ネタみたいなものを視聴者の方々に楽しんでいただけたらいいなと思っていて。自分の中でも新しい挑戦で楽しいですし、現場で偶然起きたことが活かされる場面があって楽しいです。

ーー周囲のリアクションはいかがですか?

森:自分が意識的に少しデフォルメした演技や、「こういう人いるよね」と思いながら演じた部分を、周りの方が笑ってくれることが多いんです。例えば、第2話で樹木が酔っ払ったところは、お母さんが酔っ払っているときをそのままパクりました(笑)。そういう場面に気づいてもらえると嬉しいです。

ーー相手役の中村倫也さんとは初共演になります。

森:中村さんは本当に一瞬の隙も無駄もない、完璧なイメージなんですが、近寄りがたさはまったくないし、本当に頼らせていただいてます。聡明な方だからいろんなことを教えてくれて、その全部を吸収したいと思っています。だから、一緒のシーンはすごく楽しいです。現場ではずっと中村さんの真似をしたり、差し入れを召し上がっているときの中村さんのリアクションとかもこっそり見たりしています(笑)。

ーー四角関係のライバルにもなる石橋静河さんも、本作で初共演です。

森:石橋さんは本当に素敵な方で、女性として憧れる部分がすごく多いです。お芝居もお人柄もすごく自然体で、屈託がないんです。最初は自分が人見知りなので、仲良くなれるかなと思っていたんですが、今では一緒に話していると、息ができないくらい笑ったりしちゃいます。皆さん素敵な方々ばかりで助けていただいているなと思います。

ーー現場の雰囲気も明るいと。

森:そうですね。この前の研修旅行のシーンでの軽井沢ロケも、忙しいスケジュールではあったのですが、お芝居を通してみんなで楽しめたと思います。足湯も花火もできましたし。待ち時間には、みんなで怖い話をしていました。そうしたら呼ばれるときに車の窓をコンコンってノックされて、みんなできゃーって騒いだり(笑)。軽井沢での撮影を通して、よりぐっと仲良くなったと思います。

ーー樹木を演じる上で心がけていることはありますか?

森:考える部分もあるんですが、むしろ気持ちを抜くことでやりやすくなる役でもあるのかなと思います。あぐらをかいたり、少し姿勢が悪かったり、髪の毛がちょっとぐしゃぐしゃだったり……そういうラフな部分がある子なので。でも日常生活にもちょっと支障が出てきていて。ずっとそうやって力を抜いているから、普段の口数がめちゃくちゃ減ったり、ずっとボーッとしたりしています。

ーー樹木が私生活にまで入り込んでいると(笑)。中村倫也さんのことをプライベートで考える瞬間もありますか?

森:そうですね。第4話であれだけ泣かされてますから(笑)。社長は、とにかくかっこいいと思います。ドラマを観ていてもそう思います(笑)。私、中村さんの細目で唇を噛む仕草が好きなんです。あれを見るとキュンキュンしちゃいます(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる