『七人の秘書』シム・ウンギョンの強烈な存在感 現代社会を彷彿とさせる展開に

『七人の秘書』シム・ウンギョンの存在感

 黒子である秘書の暗躍を描いたお仕事ドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)は、元も現役も含め、7名の経済界や政界トップの秘書が連携し、各所に蔓延る悪をこらしめる勧善懲悪ストーリー。ついに最終話まで残すところ1話となった第7話は、クライマックス回にふさわしい盛り沢山の内容となった。仲間の1人が敵陣営に潜り込み返り討ちに遭う、そしてずっと失踪中だった味方の居場所がついに突き止められるという大きなうねりが見られた回だった。

 パク・サラン(シム・ウンギョン)が大病院の秘書を辞め、財務大臣の粟田口十三(岸部一徳)からの私設秘書の引き抜きの話を受ける。彼女は粟田口の悪事を暴こうと近づいたのだった。

 粟田口が推薦する女性立候補者が選挙に当選するも、ウグイス嬢への法外な報酬の支払い、議員らへの賄賂による後援会の票の買い占めなど様々な問題が浮上するさまは、とある議員の公選法違反罪をめぐる現在進行形の公判事案を彷彿とさせる。サランはこの暴露動画を拡散させている最中に、粟田口の手下と揉め合いになり重傷を負ってしまうのだった。

 萬(江口洋介)、千代(木村文乃)と対峙するシーンでも、サラン演じるシム・ウンギョンの凄まじい演技力が炸裂していた。嘘でも自分の恩人と仲間に“負け犬”なんて言葉を放たねばならなかった彼女の押しつぶされそうな胸の痛みや、大事な人に嫌われたり愛想尽かされてもなおそれでもやり遂げなければならない使命感や正義感を見事に役柄に投影させていた。第6話から引き続き彼女の存在感が強烈に植え付けられる展開だった。

 そして今宵、萬と家政婦・鰐淵五月(室井滋)の粟田口との因縁が明らかになる。これまで前科持ちという経歴しか明らかにされていなかった2人だが、共にかつて粟田口の秘書をしており、彼に利用され嵌められてのことだった。収賄容疑について「全て秘書がやったことです。私は何も知りません」とシラを切り通す粟田口の姿は、悲しくも現実世界でもワイドショー番組などを通して既視感がありすぎる“日常的な”シーンだった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる