菜々緒、『七人の秘書』で“女性ならではの痛み”を代弁 悪女のパブリックイメージを覆す?

菜々緒、『七人の秘書』で“女性ならではの痛み”を代弁 悪女のパブリックイメージを覆す?

 黒子の秘書の暗躍を描いたお仕事ドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)は、元も現役も含め、7名の経済界や政界トップの秘書が連携し、各所に蔓延る悪に立ち向かう。

 第4話では、盗撮被害に遭った女子高生の被害届が警察内で揉み消されてしまう。犯人が警視庁の人間で、かつ父親が権力者だったためだ。その犯人と同じ職場で働くのが菜々緒演じる「警視庁」警務部長秘書の長谷不二子だ。あまりにあからさまに“女性”であることを理由に、“使えない、無能だ”と言われたり、かと思いきやモロに性的な視線を向けられるようなことが日常茶飯事だというにわかに信じがたい環境に身を置いている。そんな前時代的な警察組織という男社会の中で食らいつきながらも悪戦苦闘していたが、捜査担当から外され秘書に異動させられた苦い過去を持つ。

 菜々緒と言えば、これまで常人離れした抜群の長身スレンダーなプロモーション、はっきりとした目鼻立ちを生かした圧倒的「悪女」役に抜擢されることが多かった。映画『白ゆき姫殺人事件』では、物語冒頭から殺されてしまう美人OL・“白ゆき姫”こと三木典子を熱演。絵に描いたような“鼻につく美人”ぶりが見事で、外面だけは良いものの嫌味で高飛車な “二面性”“二重人格ぶり”を見せつけた。

 彼女の人並み外れた圧倒的な美貌は、それだけで人目を引き“非日常感”や“違和感”を演出することができ、コメディー要素にもなりうる。存在自体がどこか浮世離れしており、それだけで既にキャッチーだ。初主演ドラマ『主に泣いてます』(フジテレビ系)での“美しすぎて幸せになれない薄幸美女役”という突拍子もないような設定は、彼女だからこそ演じられたもので納得の配役だった。

 また、本作以前の木村文乃との共演作『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(カンテレ・フジテレビ系)では、妖艶なサイコパス橘カラ役で存在感を発揮していた。わかりやすいThe悪女役以外に、主演作の『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)では人事コンサルタントとして新入社員をスパルタ指導しながら社内の不正行為を成敗する椿眞子役でダークヒーローとして注目を集めた。今回の不二子のスマートなお仕置きも見事で、“悪魔の人事”椿役を彷彿とさせた。

 また、本作以外に、菜々緒が大人数の強烈な女性陣と肩を並べて出演した話題ドラマがあった。そう、『ファーストクラス』シリーズ(フジテレビ系)だ。彼女が好演した帰国子女で高飛車な川島レミ絵は、揃いも揃った悪女の中でも“マウンティング女子”の最たる例で、劇中彼女の心の声が何度もだだ漏れており、それが見どころになっていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる