シム・ウンギョンの“言葉”の威力が凄まじい 『新聞記者』に通じる『七人の秘書』での佇まい

シム・ウンギョンの“言葉”の威力が凄まじい 『新聞記者』に通じる『七人の秘書』での佇まい

 この世を動かしているのは誰だ。国や財界のトップか。いや違う。本当にこの世を動かしているのは影の黒子、名もなき秘書たちだ。ボスを支え組織に仕え、目立たぬことこそ黒子の極意。この世は万事表があれば裏がある。光があれば闇がある。そしてその闇の中にこそ光る真がある。

 『七人の秘書』(テレビ朝日系)は、そんな黒子“秘書”の暗躍を描いたお仕事ドラマ。元も現役も含め、7名の経済界や政界トップの秘書が登場する。

 そして、本作はシム・ウンギョンの日本での連ドラ初出演作品としても注目を集めている。第3話では、そんなシム・ウンギョン扮するパク・サランが秘書を務める病院で事件が起きる。患者からの信頼も厚く次期内科部長候補に挙げられるほど優秀な女医が、患者から現金の入った菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分になってしまう。しかし、実際に裏で手を引いていたのは自分の息子を内科部長にするために彼女を失脚させようと画策した病院長だった。秘書たちが大病院を牛耳る親子の闇を暴くという痛快ストーリー。近年話題の医学部不正入試問題についても触れられていた。

 シム・ウンギョンといえば、映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝き、その名を轟かせた。政権がひた隠しにしている闇に迫ろうとする女性記者・吉岡エリカ役を演じ、強い正義感と静かな怒りを秘めた役どころが鮮烈だった。ジャーナリストだった父親から言われた「誰よりも自分を信じ疑え」という言葉通り、自問自答するシーンが多く、届きそうで届かない真実に一人手を伸ばそうともがく孤独な様子が印象的だった。赤く轟々と燃え盛る真っ赤な炎ではなく、でも実はそれよりもはるかに温度が高い「青い炎」のような彼女に秘められた凄まじい熱量、佇まいは、本作での医療秘書役にも投影されている。

 今回の役どころも、もともと自分の父親と同じ医者を目指していたが、韓国にいる母親の看病のためにその夢を断念した過去を持っているようだ(どうやらその父親は日本にいるようで、父親を探すためにサランは来日したのだろうか)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる