アニメ『ヒプノシスマイク』からハマること間違いなし! 無数の入り口がある“ヒプマイ沼”

 キングレコード内のレーベルEVIL LINE RECORDSが手がける、音楽原作のキャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』(以下、ヒプマイ)。男性声優たちがキャラクターに扮して、MCバトルを繰り広げる本作は2017年9月に始動して以降、原作CDをはじめ、コミカライズ、音楽イベント、2.5次元舞台など幅広いメディアミックスを展開してきた。これまで『テニスの王子様』『おそ松さん』といった“漫画”や、『刀剣乱舞』『あんさんぶるスターズ!』など、“ゲーム”を起点に広がりを見せる人気コンテンツは存在したが、あくまでも“音楽”が原作という点でヒプマイは一線を画している。

ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-+」

 ヒプマイがいかに人気なのかを理解してもらうために列挙するなら、公式Twitterのフォロワーは77.2万、YouTubeチャンネルの登録者数は91.7万人(12月1日時点)。雑誌『anan』や『ViVi』でも特集が組まれ、2019年の「ネット流行語100」にも10位にランクインするなど、女性を中心に熱狂的な支持を受けている。

 そんなヒプマイが今年、新たな動きを見せた。一つは、原作CD(一部オリジナル曲あり)に合わせてリズムゲームをプレイしながら、オリジナルストーリーも楽しめるスマートフォン向けアプリゲームのリリース。そして、もう一つが初のTVアニメ化だ。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたが、10月2日にTVアニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Animaがスタートし、すでに9話まで放送されている。

 音楽、漫画、舞台、ゲームとあらゆるメディアを網羅しているヒプマイ。その中でアニメはどのような位置付けとなっているかを考える前に、まずはヒプマイの世界観を改めて紹介したい。舞台は、女性が覇権を握る「言の葉党」によって武力抗争が根絶されたH歴の日本。西暦××年に勃発した第三次世界大戦後という設定なので、仮想の近未来と理解してもいいかもしれない。

 戦争で世界人口の3分の1を失ってもなお、武器による争いを辞めなかった愚かな男たちに代わり、言の葉党は男性を完全排除した“中王区”と呼ばれる区画で女性中心の政治を行っている。

 一方、男性たちは中王区外のイケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョンなどの区画で生活。それでも争いは終わらず、言の葉党は人の精神に干渉する特殊なマイク「ヒプノシスマイク」を男性たちに与え、互いの領土を賭けたラップバトルで争わせた。最終的には中王区で行われる決勝トーナメントで各ディビジョンでの予選を勝ち上がったMCチーム同士がぶつかる。プロジェクト始動時、明かされた設定はざっとそのくらい。

 あとは、各ディビジョンで圧倒的な力とカリスマ性を誇るイケブクロ代表の“Buster Bros!!!”、ヨコハマ代表の“MAD TRIGGER CREW”、シブヤ代表の“Fling Posse”、シンジュク代表の“麻天狼”の存在。それぞれチームには3人のメンバーが所属しており、第1弾CDシリーズに収録された各ドラマトラックにおいて彼らの結成秘話が描かれた。アニメではまだ放送されていないのでネタバレは避けるが、ラップバトル1回目の優勝チームはファンによる投票で決まっている。

 さらに、昨年9月に開催された声優陣出演の4thライブで新たにオオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョンが追加。ディビジョン・ラップバトル後を描いたCD音源のドラマトラックと、各代表チーム結成前の出来事や、チーム結成からラップバトル決勝までをさらに深掘りした3つのコミカライズで、少しずつヒプマイの全体像やキャラクター同士の関係性が見えてきている段階だ。プロジェクト指導から約3年経ち、かなり内容も複雑化している上に音源CDのドラマトラックやコミカライズなど、様々なメディアを通して物語を把握しなければいけない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメシーン分析」の最新記事

もっとみる