玉城ティナが『極主夫道』で感じた“思い切り”の大切さ 玉木宏ら共演者から学んだこと

玉城ティナが『極主夫道』で感じた“思い切り”の大切さ 玉木宏ら共演者から学んだこと

 玉木宏が主演を務めるドラマ『極主夫道』が毎週日曜22時30分から読売テレビ・日本テレビ系で放送中だ。『くらげバンチ』(新潮社)で連載中の人気コミックを連続ドラマ化した本作は、玉木演じる元極道のスーパー専業主夫・龍、川口春奈演じる龍の妻・美久らを中心に、極主夫流の“正義と家族愛”を描いた任侠コメディだ。

 今回リアルサウンド映画部では、純喫茶でアルバイトをしている女子大生・大前ゆかり役でレギュラー出演している玉城ティナにインタビュー。意外にもゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初出演となる本作での新たな経験について語ってもらった。

「撮影中、本当に笑っちゃいそうになる」

ーー玉城さんにはあまりコメディのイメージがなかったので、この作品への出演が発表された際は少し驚きがありました。

玉城ティナ(以下、玉城):たしかにコメディはあまりイメージがないかもしれません。でも、コメディはやってみたかったですし、実際にやっていておもしろいです。新たなフィールドで、これまでとは違った感じのものを見せられるんじゃないかなと思っています。

ーー玉城さんが演じられている大前ゆかりは、原作には登場しないドラマオリジナルキャラクターです。

玉城:撮影に入る前はどういうふうにやろうかなと考えたんですけど、基本会話ですし、「ぴえん超えてぱおん」とか、セリフも瞬発的に発した方がおもしろいものが多かったので、どう笑いを取るかなどは全く考えずにやることにしました。テンションは上がってはいるんですけど、私がやっているからか、そこまでキャピキャピしてる感じもなく……(笑)。

ーー(笑)。今どきの若者はああいう感じなんですかね?

玉城:ね~(笑)。「ヤバみ」とか、逆にプライベートでも言っていこうかな、みたいな。(笑)

ーー先日最終回を迎えた『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS/TBS)とは対照的な役柄ですよね。

玉城:それこそ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』ではメインキャストの中で私が一番年上だったんですけど、みんながマジのことを「ま」って言ってたりして(笑)。真顔で「ま?」と言われて、「は?」みたいな(笑)。了解も「り」って言っててビックリしました。そういうところもある意味取り入れていこうかなと(笑)。

ーー共演者の方々がほとんど年上の方というのも『荒ぶる季節の乙女どもよ。』とは違うポイントですよね。撮影現場の雰囲気はいかがですか?

玉城:撮影中、本当に笑っちゃいそうになるんです。第1話の玉木(宏)さんと竹中(直人)さんのシーンなんか、もう普通に笑っていましたね。竹中さんは自然体でやられていると思うんですけど、テストと本番でお芝居を変えてくるんです。それがおもしろくなっちゃって、笑いそうになるのを堪えながらやっていました。

ーーアドリブも多いんですか?

玉城:みなさんは多いと思います。それでよく物語が成り立つなと(笑)。本の中で描かれている揺るがない部分はもちろんあるんですけど、それを生かしながら、よりおもしろいものが作れているのがすごいと思います。私はまだそんなにできずで、会話をちょっと増やすくらいなんですけど、今後トライしていけたらいいなと思います。

ーー玉木さんや竹中さんなど先輩の共演者の方々から学ぶこともたくさんありそうですね。

玉城:やっぱり最後は思い切りだなと(笑)。一番初歩的なことですけど、思い切って何事もやり切ることがすごく大事なんだなっていうのは、共演者の方々を見ていて思います。私自身はおもしろいタイプではないので、狙っておもしろいことをやっても寒いかなと思うんですけど(笑)、みなさんは狙いにいってもちゃんとおもしろい方ばかりなので、見ていて本当に勉強になりますね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる