志尊淳、『極主夫道』で玉城ティナに完敗!? 金のシャチホココーデを「ダサいっすね」と一蹴

志尊淳、『極主夫道』で玉城ティナに完敗!? 金のシャチホココーデを「ダサいっすね」と一蹴

 独特なキャラクターが共存し、微笑ましくもジンとくる会話劇が繰り広げられる『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。第4話では、美久(川口春奈)の母(YOU)と父(正名僕蔵)が家を訪ね、さらに濃いキャラクターが大集合の回となった。

 昔のギャグを披露しまくる母と元極道の龍(玉木宏)に少し怯えている父。父が龍をキャッチボールに誘うも、「目上の人に球を投げてはいけない」と父が投げたボールを龍は投げ返すことはしようとしなかったが、諭されて思いっきり投げたボールを鼻血を出しながら受け取った父は、そのボールから龍の思いを受け止め、なんとか打ち解けあってはいたようだ。

 一方、ゆかり(玉城ティナ)に好意を寄せる雅(志尊淳)は、虎二郎(滝藤賢一)に相談し、ラッキーアイテムだという金のシャチホコを纏って、ゆかりのアルバイト先の純喫茶へ。金のシャチホコスカーフなどを見せつけてアピールするも、「それダサいっすね」と一蹴されてしまう。

 また、偶然街でゆかりを見かけた雅は、会長(竹中直人)に「女に惚れさせる、スメルが必要なんだ」と言われたことを思い出し、身体中に香水をかけまくる。そして、ヤクザに絡まれているゆかりを助けに身を乗り出すが、「くっさ、くっさ、え、なにこの匂い、なんの匂い? マジで無理、さよなら」とまた引かれてしまった。そして、その後も龍(玉木宏)の娘、向日葵(白鳥玉季)にでさえ「変な匂いする」と言われる始末であった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる