>  > 玉城ティナ『Diner ダイナー』を語る

玉城ティナが語る、転機となった『Diner ダイナー』での経験 「今後の人生において強みになる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 平山夢明の同名小説を、蜷川実花監督×藤原竜也主演で実写映画化した『Diner ダイナー』が7月5日に公開される。元殺し屋で天才シェフのボンベロが店主を務める殺し屋専用のダイナー<食堂>を舞台に、ウェイトレスとして働くことになってしまったオオバカナコが、次々と店にやってくる殺し屋たちの殺し合いに巻き込まれていく模様を描く本作。

 藤原竜也が演じるボンベロの食堂へ新人ウェイトレスとして売られた孤独な少女・オオバカナコを演じたのは、今後も出演した『地獄少女』や『惡の華』など話題作の公開を控える玉城ティナだ。蜷川監督に「彼女となら心中してもいい」と言わしめヒロイン役に抜擢された彼女に、蜷川監督とのやり取りや撮影時のエピソード、そして今後の展望などについて話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「カナコを演じ切ることだけを考えていました」

ーー蜷川実花監督とは昔からお知り合いだったんですよね。

玉城ティナ(以下、玉城):デビュー直後の14歳ぐらいからお仕事でご一緒させてもらっていましたけど、ずっと写真家とモデルという関係性ではありました。

ーー今回は初めて“映画監督”としての蜷川さんとご一緒したと。

玉城:そうですね。素直に嬉しかったです。『さくらん』や『ヘルタースケルター』など蜷川さんの作品はもちろん観ていて、すごく好きな世界でした。そんな蜷川さんの最新作に自分がヒロインとして携われるのは、すごく光栄なことだと思いました。

ーーということは、これまでは蜷川さんとお芝居の話をすることもなかったってことですよね?

玉城:なかったです。今回のお話をいただいた1カ月前ぐらいに、蜷川さんに撮っていただくスチール撮影があったんです。その時に、蜷川さんに「今後何をしていきたいの?」って聞かれて、「女優さんをやっていきたいです」と答えたんですけど、そしたら「じゃあ今度一緒にやろうよ」みたいな話になって……。まさかこんなに早いタイミングで実現するとは思っていなかったので、すごく驚きました。今考えると、それがオーディションだったのかもしれません。

ーー『ヘルタースケルター』や『さくらん』など、蜷川監督の作品にはどういうイメージを持っていましたか?

玉城:まず、女の子が絶対的にかわいい。そのかわいさと壊れた時の落差がすごく激しくて、それが蜷川さんの作品の好きなところなんです。女としてどう生きていくかというテーマもそうですね。だから今回の『Diner ダイナー』はこれまでの作品とはまた少し違って、新しい印象を受けました。

ーー蜷川監督の作品で男性が主演というのは初めてですもんね。一方で、玉城さんが演じたオオバカナコは観客視点の役割を担う、裏の主人公とも言えるキャラクターです。

玉城:蜷川さんの作品でヒロインを演じるということは、『さくらん』の土屋アンナさんや『ヘルタースケルター』の沢尻エリカさんと並ぶことにもなるので、これはもうすごいことだなとプレッシャーもありました。ただあまり考えすぎていても仕方ないなと思ったので、撮影に入ってからはとにかくカナコを演じ切ることだけを考えていました。

「玉城ティナが語る、転機となった『Diner ダイナー』での経験 「今後の人生において強みになる」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版