小泉孝太郎、磯村勇斗、阿部サダヲの共通点とは? 『恋する母たち』心をかき乱す男たち

小泉孝太郎、磯村勇斗、阿部サダヲの共通点とは? 『恋する母たち』心をかき乱す男たち

 失踪した記憶喪失な夫との再会、出張先でイケメン部下との情事、夫の不倫相手との直接対決……一気に物語が動き始めた金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系)第3話。

 夫・慎吾(渋川清彦)がいるという与論島にやってきた杏(木村佳乃)。11年前に会社のお金を横領したこと、そして自分と幼い息子を捨てて人妻と失踪したことを直接伝えても、やはり慎吾は何も覚えていなかった。

 ただ、杏のつける香水に「懐かしい」と言い、かつて杏にも言い続けてきた「世界で一番の人」と今の妻について話す。記憶がないならないで、人格まですっかり変わっていてくれたら、どんなに楽だったか。

 杏が愛した慎吾の良さはそのままに、自分との思い出だけが消えた夫の姿に思わず涙があふれる。慎吾が記名・捺印した離婚届を区役所に提出すると、今度は斉木(小泉孝太郎)から「付き合ってほしい」という告白が待っていた。

 一方、優子は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都へ。招待客が集まったところに、まさかの停電のアクシデントに見舞われる。しかし赤坂の機転でイベントの中止を回避できた優子。

 ところが、今度はホテルの予約がツインルームしか取れておらず、他の部屋も空いていないという。また周辺ホテルもなかなか取れない模様。せっかくピンチを救ってもらったのに……とでも思ったのだろうか、優子は赤坂と同じ部屋に泊まる決意をする。

 さらに眠れないという赤坂に「飲みましょう」と声をかけたのも優子から。赤坂の口説き文句にツッコミを入れるつもりが、逆に誘うようなことまで口走ってしまう。そして案の定2人は1つのベッドへ。こうなるかもしれないと思っていた優子の予感は、傍から見ていれば引き寄せの法則(自分に起きることは、自分が思ったことからしか起こらない法則)に他ならない。

 そして、もうひとりの母であるまり(仲里依紗)は、夫・繁樹(玉置玲央)の不倫相手・のり子(森田望智)から、不倫の決定的証拠になりうる衝撃的な会話内容の音声ファイルをメールで受け取り、ひどく動揺する。すぐさま丸太郎(阿部サダヲ)に相談すると、まりのことを狙っているにも関わらず、まりに3人で冷静に話し合うように助言。まりにとって子どもたちとの生活を守ることこそが「勝ち」だと諭し、「大丈夫」と背中を押す。

 丸太郎の言葉を胸に話し合いへと挑むまり。のり子からの挑発的な発言にも取り乱すことなく健気に対応すると、か弱いほうになびくと予想した丸太郎の言葉通りに繁樹の態度が激変。のり子には事務所を辞めてもらうと宣言する。晴れて、のり子を撃退することができたものの、まりの心は曇ったままだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる