浜辺美波、コメディエンヌとして成長し続ける演技幅 『ピュア!』から『タリオ』への進化

浜辺美波、コメディエンヌとして成長し続ける演技幅 『ピュア!』から『タリオ』への進化

 浜辺美波演じる元弁護士の白沢真実×岡田将生扮する詐欺師・黒岩賢介がバディを組み、復讐代行を遂げる『タリオ 復讐代行の2人』(NHK総合)。第5話の依頼は時効になった殺人犯への復讐。余命半年と宣告された古沢社長(伊武雅刀)から、自分の妻を殺した犯人を捕まえてほしいとの依頼が入る。ラストは「真の復讐とは?」を問われるような切ない展開だった。

 後半戦に突入した本作では、すっかり白沢と黒岩の息もピッタリだ。冒頭の古沢社長の鼻に詰められたティッシュがコーヒーに浸かったことに気付き、2人して笑いを堪えるシーンは、今までに見たことのない浜辺美波、岡田将生の表情が溢れ、呼応して互いの面白みを引き出し合う様子はまさに演技の上でもバディそのもので見事だった。

 浜辺美波のバディものといえば、昨年放送された特集ドラマ『ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~』(NHK総合、以後『ピュア!』)での東出昌大との共演が挙げられる。こちらも『タリオ』の脚本を手掛ける蒔田光治が担当した作品だ。

 ライバルを蹴落とすことばかり考えているちょっと腹黒い売れないアイドル・黒薔薇純子(浜辺美波)が、「一日署長」に抜擢されるも事件に遭遇し、手を組むことになる捜査一課の東堂刑事(東出昌大)とともに事件を解決していくというストーリー。プライドが高く傲慢な刑事よりも、アイドルの腹黒さの方がしばしば事件解決に役立つという皮肉でコミカル、鮮やかな推理劇がクセになる。強い正義感ゆえに融通が利かない微笑ましき暴君を東出が、一方正義感の欠片もなくズル賢い少し残念なアイドルを浜辺が演じていたが、本作では男女の関係は見事逆転する。

 奔放で子供のように無邪気なアイドル役は浜辺から連想しやすいところだが、今回は正反対側の正義感が強く堅物の元・弁護士役を見事好演している。『ピュア!』でのキャラクターは、かなりあざとく、立ち回りも上手くて、自身の武器の生かし方をよく理解しているアイドルだけに、持てるものを極端に振り切って表現する、足し算”“掛け算の演技が求められるような役柄だったと言えるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる