福原遥、オーディションで映画『フラ・フラダンス』主演に 吉田玲子脚本のオリジナルアニメ映画

福原遥、オーディションで映画『フラ・フラダンス』主演に 吉田玲子脚本のオリジナルアニメ映画

 福原遥主演オリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』の製作が決定し、ティザービジュアルとティザーPVが公開された。

 本作は、福島県いわき市を舞台にフラガールを仕事に選んだ主人公・夏凪日羽と同期の仲間たちの成長を描く青春群像劇。

 福原が演じるのは、フラガールだった姉の後を追い同じ世界に飛び込んだ、フラ初心者の主人公・日羽。出演にあたり福原は、「絶対に受かりたいという気持ちでオーディションに臨んだので、役が決まったとき、本当に嬉しかったです。この熱い思いが届いて、少しでも元気に、笑顔になってもらえる作品になったらいいなと思います」と意気込みを語っている。

 『鋼の錬金術師』、『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』などで監督を務めた水島精二が総監督を務める。監督は『劇場版アイカツスターズ!』の綿田慎也、脚本を『若おかみは小学生!』の吉田玲子が担当し、キャラクターデザインは『アイカツ!』のやぐちひろこ、制作はBN Picturesが務める。

『フラ・フラダンス』ティザーPV

 公開されたティザービジュアルは、主人公・日羽がまっすぐ前を見据える姿が切り取られている。また、ティザーPVは、舞台となる福島県いわき市の風景や日羽たちが勤めるスパリゾートハワイアンズ、そのダンシングチームの姿をノスタルジックな実写映像で構築。映し出される原風景は、日羽たちが暮らす土地であり、本作のロケ地として劇中で描かれた。PV内のキャッチコピー「わたし、“フラ”を仕事にします」は水島総監督のディレクションのもと、福原自身がナレーションを担当している。

コメント

福原遥(主演)

台本をいただいて、フラダンスをすることでみんなが元気に、笑顔になって、素敵な仲間と出会っていくストーリーが素敵だなと思いました。絶対に受かりたいという気持ちでオーディションに臨んだので、役が決まったとき、本当に嬉しかったです。この熱い思いが届いて、少しでも元気に、笑顔になってもらえる作品になったらいいなと思います。日羽は一生懸命で明るい女の子なのですが、ちょっと自分に自信がないところもあるので、繊細な部分もちゃんと演じられるように頑張りたいです。

水島精二(総監督)

子供の頃CMで見ていた常磐ハワイアンセンター。日本なのにハワイ?! 行ってみたいなー! と思ったものでした。残念ながらその想いは叶いませんでしたが、この度、そのハワイアンセンター改め、スパリゾートハワイアンズを舞台に、ずっとやりたかったお仕事青春ストーリーを監督する事になりました。きっとみんな、あの場所が、フラガールたちが好きになります! 『フラ・フラダンス』、応援よろしくお願いします!!

綿田慎也(監督)

『フラ・フラダンス』の制作が発表されました。夢に向かって頑張る主人公の日羽達フラガールの姿が、見に来てくれた皆様を必ず明るい気持ちにさせてくれる、そんな素敵な映画になっております。どうぞ心待ちにしていて下さい。お楽しみに!

西澤順一(常磐興産株式会社 代表取締役社長)

新人フラガールを主人公にしたアニメ映画が作られることになり、たいへん嬉しく思います。震災から10年、新たな時代を生きる5人の新人フラガールの物語は、まさに当社の新人たちが成長していく道のりと重なり合うもので、アニメの世界と現実の世界が同時に進んでいくような気がして、今からワクワクしています。来年の夏に、このアニメをご覧になった多くの皆さんに、ハワイアンズ、いわき市、そして、福島県を訪れていただくことを、心待ちにしています。

■公開情報
『フラ・フラダンス』
2021年初夏公開
総監督:水島精二
監督:綿田慎也
脚本:吉田玲子
声の出演:福原遥
制作:BN Pictures「アイカツ!」「銀魂」
配給:アニプレックス
「フラ・フラダンス」公式サイト:https://hula-fulladance.com
「フラ・フラダンス」公式twitter:https://twitter.com/hula_fulladance
「ずっとおうえん。プロジェクト 2011+10…」公式サイト:https://zutto-ouen.com/
夏凪日羽Twitterアカウント:https://twitter.com/_hiwa0723_
(c)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる