津田健次郎、ドラマ『極主夫道』ナレーションを担当 Netflixアニメ版&実写版PVでは龍役で話題

 毎週日曜22時30分から放送中のドラマ『極主夫道』。11月1日に放送される第4話のナレーションを津田健次郎が担当することが発表された。

津田健次郎

 本作は、新潮社『くらげバンチ』で連載中で、累計発行部数が250万部を超えるおおのこうすけの同名コミックを実写化する任侠コメディ。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”が極道から足を洗い、選んだ道は、なんと専業主夫だった。主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、龍の妻・美久を川口春奈、龍の元舎弟・雅を志尊淳が演じている。

 第4話では、美久の仕事場の話に移っていくが、“龍”の心の優しさと強面の外見のギャップが引き起こす事態に、2人は喧嘩をしてしまう。そんな中、龍を極道の世界に引き戻そうと画策する元天雀会、龍が離婚して町を出て行かないよう必死になる婦人会、龍を亡き者にしようとする大城山組ーー龍をめぐる“しのぎ”を削る三つ巴の抗争が勃発する。さらに、第4話から、2人の過去が徐々に明らかになっていく。

 そんなストーリー展開に、津田がさらなるスパイスを加える。原作サイドにて制作されている原作コミックス発売記念PVでは“龍”を演じ、先日制作が発表されたNetflixのアニメ版でも“龍”の声を担当する津田が、満を持してドラマ版に登場する。

■放送情報
『極主夫道』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30~23:25放送
出演:玉木宏、川口春奈、志尊淳、古川雄大、玉城ティナ、MEGUMI、安井順平、田中道子、白鳥玉季、中川大輔、片岡久迪、水橋研二、本多力、新津ちせ、橋本じゅん、滝藤賢一、稲森いずみ、竹中直人
原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)
脚本:宇田学ほか
監督:瑠東東一郎ほか
チーフプロデューサー:前西和成
プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ファインエンターテイメント
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/
公式Twitter:https://twitter.com/gokushufu_drama
公式Instagram:https://www.instagram.com/gokushufu_drama
公式LINE:https://lin.ee/d5BOlPr

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる