古川雄大、『極主夫道』『エール』でコミカルなキャラクターをものに 独特な存在感でなりきる演技

古川雄大、『極主夫道』『エール』でコミカルなキャラクターをものに 独特な存在感でなりきる演技

 第6話で雅(志尊淳)の恋が走り出していった『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。第7話では、一風変わって龍(玉木宏)と警察官の酒井(古川雄大)によるネオポリスガールのフィギュア争奪戦が繰り広げられていった。

 龍は家の掃除中に、美久(川口春奈)が大事にしていたネオポリスガールのフィギュアをうっかり壊してしまう。バレる前に再入手しないといけないとおもちゃ屋へ向かい、同じフィギュアを見つけたが、値段が20万円と高価でその場では買うことができなかった。

 するとそこへ警察官の酒井と佐渡島(安井順平)がやってきて、酒井がそのフィギュアに目をつける。酒井もまた美久と同じくネオポリスガールが大好きで、フィギュアを探していたのだ。

 フィギュアを買うために、お金を貯めないといけなくなった龍は、喫茶店やスーパーで働くことに。婦人会のバレーボールチームにも参加し、そこでも謝礼をもらい抜け目なくお金を貯めていく。いつ休んでいるか心配になるほど、色んなことをこなしていった。

 だが、その裏で密かにフィギュアを買いたいと節約を試みる酒井。食事を我慢しては神経を擦り減らしながらお金を貯めていく。

 龍と酒井が同時に20万円を貯め切り、おもちゃ屋に向かったが、タッチの差で先を越されてしまった。それでも諦められない2人。龍が半ば強引にスムージーで酒井との盃を交わし、お互いに協力をしてフィギュアを探すことに。

 幻のおもちゃ屋があるという情報を嗅ぎつけた酒井は、龍と協力してそのおもちゃ屋があると噂される聖地を巡っていく。おもちゃ屋と思われる場所に着いた2人は、指令の通りにオーシャンポリスとピンキーポリスの踊りを見せたが、そこは本当に麻薬取引の現場であった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる