古川雄大、髭を生やして『エール』に再登場! ミュージックティチャーから新たな職業へ?

古川雄大、髭を生やして『エール』に再登場! ミュージックティチャーから新たな職業へ?

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。10月20日の第92話で再登場する古川雄大よりコメントが寄せられた。

 本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・音(二階堂ふみ)の物語。

 古川が演じる御手洗清太郎は、音の“ミュージックティチャー”として、久志(山崎育三郎)が受けたオーディションのライバルとして、これまで『エール』を盛り上げてきた。戦後編では意外(?)な職業で再登場するという。

 公開された場面写真でも、髭を生やし、かつてのイメージを一新。古川は、「今回もとても素敵に御手洗を描いてくださっていますので、戦後の混沌とした時代の中でも希望となれるように明るく御手洗を演じました。ぜひ、登場のシーンでクスッとしていただきたいです」とコメント。前半以上のさらなるインパクトを放ってくれそうだ。

古川雄大(御手洗清太郎)コメント

ヒゲを生やした、新しい御手洗が登場します!
今回もとても素敵に御手洗を描いてくださっていますので、戦後の混沌とした時代の中でも希望となれるように明るく御手洗を演じました。ぜひ、登場のシーンでクスッとしていただきたいです。また、今回は音さんの新しい歌の先生であり、御手洗の友人でもあるベルトーマス羽生(広岡由里子)とのコンビも楽しんでもらえたら嬉しいです。
戦後、曲が書けない裕一さんを音さんが支えていきますが、さらに裕一さんが預かっていた音さんの夢を叶えていくところもとても魅力的に描かれています。どうぞ最後まで『エール』の応援をよろしくお願いいたします。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日(月)より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、佐久本宝、菊池桃子、森山直太朗、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる