町田啓太、“おかしみ”を作り出す独特の個性 『チェリまほ』黒沢役でも魅力が爆発

町田啓太、“おかしみ”を作り出す独特の個性 『チェリまほ』黒沢役でも魅力が爆発

 テレビ東京ほかで放送中の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)が好評で、海外からも注目を浴びはじめている。

 物語は、30歳の誕生日まで童貞だった安達(赤楚衛二)が、誕生日のその日、人に接触すると、その人が何を考えているのかがわかりだすというところからスタートする。

 第1話では、安達が同期の黒沢(町田啓太)と社内のエレベーターで一緒になったときに偶然、彼に触れることになり、黒沢の自分への思いを知ることとなる。

 原作は豊田悠による同名コミック。これまでにもBLの世界を描いた映画やドラマは作られてきたし、海外でも盛り上がりを見せつつある実写BLの世界であるが、本作はさらに一段階上の熱狂を集めつつある。

 このドラマの中で、黒沢を演じているのが、劇団EXILEの町田啓太。黒沢というキャラクターにぴったりとはまっている。

 安達は、今まで誰とも付き合ったこともなく、先のことを心配しすぎるところがあり、先輩からそのことをいじられたり、仕事を頼まれると断れない性質。そんな安達からみると、黒沢は、営業部のトップの成績で、女性にも上司にも評判がよく、安達にとって「同期であることと、性別以外は共通点ゼロの男」と半ば、やっかみを感じるほどの存在であった。

 しかし、黒沢の本心を“魔法”によって知ることで、安達は黒沢へのやっかみの気持ちや、彼の好意に裏があるのではないかという気持ちを改めることになる。2人の気持ちが近づく過程が、とても美しく描かれていて、ときにホロっとさせられる場面があるのだ。

 それと同時に、コミカルで笑える部分もある。それは、男性同士の愛情を揶揄してそれをコミカルに見せているのでは決してない。

 町田が爽やかにそこにいるだけで、なにか“おかしさ”が漂っているとでもいえばいいだろうか。黒沢は、涼しい顔をしながら、いろんなことを頭の中でぺらぺらと饒舌に語っていて、その見た目と、頭の中のギャップがコミカルに映るし、安達の残業中に爽やかにコーヒーを差し出すその動きだけでも、どこか笑えてしまう。

 もしも黒沢をほかの人が演じたら、また違う雰囲気の作品になっていたのではないかとも思えてくるほどだ。

 『チェリまほ』を観ただけでも十分、黒沢を演じる町田啓太の独特の“おかしみ”は伝わると思うが、町田のこれまでの演技を知っている方は、より一層その“おかしみ”が感じられると思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる