森七菜、佐久本宝らに続く『3年A組』俳優に 萩原利久、朝ドラ『エール』出演でさらなる飛躍か

森七菜、佐久本宝らに続く『3年A組』俳優に 萩原利久、朝ドラ『エール』出演でさらなる飛躍か

 萩原利久がNHK連続テレビ小説『エール』にいよいよ登場する。朝ドラ出演を一つの目標にしていたという萩原が今回演じるのは、裕一(窪田正孝)の恩師・藤堂(森山直太朗)が戦地で率いる部隊の一等兵・岸本和俊。

 昨年話題となった菅田将暉主演の連続ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で注目を集めた萩原。これまでも『エール』では、森七菜、佐久本宝、堀田真由、望月歩ら、多くの『3年A組』出身俳優が出演してきたが、それに続く形となった。

 ライターの久保田和馬氏は、今回の萩原の起用について、以下のように語る。

「去年の『3年A組』以降、主演作も放送され、ほかの卒業俳優とともに人気を拡大している中での起用となりました。ただ、萩原さんは子役出身で、役者としてのキャリアはほかの同世代の俳優と比較しても長く、大きな作品にもコンスタントに出演しているので、それほど驚きはありません。安定した演技力も、制作陣にとって起用のポイントになったのではないでしょうか」

 では、そんな長いキャリアを持つ萩原は、これまでどのような作品に出演してきたのだろうか。久保田氏は次のように振り返る。

「これまでの出演作を振り返ってみると分かる通り、学園モノを中心に重宝されてきました。『3年A組』に加え、新田真剣佑、橋本環奈、杉咲花ら同世代のスター俳優が勢ぞろいした『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ、『ちはやふる』『帝一の國』『暗殺教室』など若手俳優のブレイクのきっかけになった作品に多数出演しているんです。1作だけに限らず、その経験を次のキャリアに繋げられているという事実が、彼の役者としての力量を証明していると思います」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる