森七菜、劇中も食べすぎでいじられる? 『461個のおべんとう』インタビュー映像公開

森七菜、劇中も食べすぎでいじられる? 『461個のおべんとう』インタビュー映像公開

 11月6日公開の映画『461個のおべんとう』より、仁科ヒロミ役を演じた森七菜のインタビュー映像が公開された。

 本作は、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続け、その記録をSNSで発信してきたTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美の書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を実写映画化した人間ドラマ。

 ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役をV6の井ノ原快彦、一樹の息子・虹輝役をなにわ男子の道枝駿佑が演じる。『キセキ ーあの日のソビトー』『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、原作者の渡辺が自ら音楽を手がける。

映画『461個のおべんとう』メイキング・インタビュー映像 -森七菜 編-

 公開されたインタビュー映像は、ヒロミ(森七菜)と虹輝(道枝駿佑)と章雄(若林時英)の3人のお昼休みのワンカットから始まる。撮影について森は、「すごく楽しかったです。すごく食べちゃう。(撮影)テストのときも食べちゃう。そろそろお腹いっぱいになってきましたね~とか、美味しいからついつい食べちゃうんですよね、みたいな話をしたのが凄く楽しかったです!」と嬉しそうに語る。さらに3人はその影響で、撮影の休憩中にお昼ご飯を食べられなかったときがあり、それ以降のお弁当シーンでは、兼重監督自ら食べていいシーンを絞って3人に伝えていたという。

 3人のお弁当を囲んでの昼食シーンは、息ぴったりな掛け合いと、仲の良い雰囲気が滲み出ている本作の見どころシーン。また、道枝の撮影中に、「森七菜みたいにがっつくなよ」と監督がいじっていたこともあり、撮影現場は森の話題になると終始ほっこりとしていたよう。また、本作について森は、「食の繋がりと共に親子の絆、繋がりを再確認できる映画になっています」と見どころも語っている。

■公開情報
『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:461obento.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる