花澤香菜×前野智昭が語る、『はたらく細胞』の魅力 第2期でパワーアップしたポイントは?

花澤香菜×前野智昭が語る、『はたらく細胞』の魅力 第2期でパワーアップしたポイントは?

 映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』が9月5日より公開中だ。

 『月刊少年シリウス』(講談社)にて連載中の原作は、人間の体内を舞台とした清水茜の漫画作品。2015年の連載開始より、その魅力あふれる世界観とキャラクターが人気を博し、2018年にはTVアニメ『はたらく細胞』が放送開始。細胞を擬人化するという設定ながら、キャッチーなキャラクターたちと迫力のある戦闘シーン、丁寧に医学的根拠に基づいた病気のメカニズムが話題となった。

 2021年1月からはTVアニメ第2期『はたらく細胞!!』の放送が予定されており、本作は、第2期の放送に先駆けた特別上映版となる。

 リアルサウンド映画部では、第1期に引き続き主要キャラクターの赤血球と白血球(好中球)を演じた声優の花澤香菜と前野智昭にインタビュー。第1期が放送された後の反響や、劇場版ならではの見どころを語ってくれた。

『はたらく細胞』第1期の反響は?

ーー第2期が発表されたとき、率直にどんな感想を抱きましたか?

花澤香菜(以下、花澤):何よりまた赤血球を演じられることがとても嬉しかったです。前野さんとのタッグも10年ちょっとになるので、2期という形でまたタッグを組めるのも嬉しいなと。

前野智昭(以下、前野):1期がすごく好評いただいていて、いろいろなところから「『はたらく細胞』観てるよ」というお話を伺っていたので、1期のときから「これはぜひ2期、3期と続けていきたいね」なんて話をしていました。なので、2期の話が具体的に決まったときはすごく嬉しかったです。また、1期のアフレコが終わってからも、いろんなコラボで白血球を演じる機会をいただいていたので、そんなに途切れることがなく2期に挑めたかなと思います。

ーー1期の放送当時から普段アニメを観ない層も大いに盛り上がっている印象でした。お2人の身近からも反響は大きかったですか?

花澤:友達からUSJのハロウィンの画像が送られてきて、そこに血小板ちゃんがたくさんいたんですよ。そういうところに『はたらく細胞』に触れて好きだと言ってくださる方がたくさんいるのは感じていました。あと私、ピラティスを習っているんですけど、ピラティスを教えてくれている女の子がそんなにアニメに詳しくはないのですが、原作から知っていて、「絶対アニメも観るね!」と言ってくれました。健康関連のお仕事についている人たちからはもともと注目が集まっていたらしく、アニメも追ってくれているのかなと。

前野:「普段あまりアニメ観ないんですけど、『はたらく細胞』はずっと欠かさず観ています」というようなお手紙をいただきましたし、医療従事者の方から、「自分の働いている病院の待合室で流したいくらいいい作品で、感動しています」という嬉しいご意見もありました。確かに、これまでとはまた違う側面からのご意見が非常に多い作品だったので、いろいろ反響があって素直に驚いていますし、嬉しく感じています。

ーー第1期を振り返り、演じることがきまったときのことを聞かせてください。キャラクターを演じるにあたってどんなことを意識しましたか?

花澤:赤血球自身はすごくドジっ子だし、いろんなことに巻き込まれるのですが、へこたれることなく常に前向きに頑張っている姿がすごく印象的だったので、あまりクヨクヨしないというのはずっと頭にあり、どんなときも前に進もうという気持ちを持って演じていました。あとはいろんなところから細菌が襲ってくるので、それに対しても素直なリアクションができるように意識していました。

前野:僕は、オーディションで白血球とキラーT細胞を受けさせていただいて、2キャラともすごく好きなキャラクターでした。なかでも白血球はこれまで演じたことのないキャラクターでもありましたし、男性から見てもかっこいいキャラクターだったので、ぜひやらせていただきたいという強い思いを込めてオーディションを受けました。そのときにスタジオで香菜ちゃんとも掛け合いをやらせていただいて、そこで「ああ赤血球だ」と思いましたね。

花澤:私も「白血球だ」と思いましたよ。

前野:それで良いご縁に巡り合い演じさせていただいたのですが、自分の仕事を全うするためにはどんな犠牲も厭わないという信念を持っているキャラクターですし、僕が思う理想の男性像のようなキャラクターでもあるので、演じるのが楽しいです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる