『Re:ゼロ』はなぜヒット作になり得たのか? 異世界ものとしての特異性を紐解く

 命を落とすたびに時間を巻き戻してよみがえる、“死に戻り“という特殊能力を持つ少年ナツキ・スバル(以下、スバル)。彼が大切な人を死の運命から守るために、何度も死に戻りを繰り返しては、死のループの中でさまざまな人物や事件と関わりあう異世界ファンタジーが、長月達平によるライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、『Re:ゼロ』)だ。このライトノベルを原作としたテレビアニメが2016年4月から9月にかけて放送され、2020年7月よりアニメ第2期がスタートする。

 異世界を舞台にしたライトノベルといっても作劇は様々なパターンがあり、異世界に召喚された主人公のまわりに美女が次々と集まってきては惚れられるハーレムもの、主人公が持つ現代のガジェット(スマートフォン、携帯電話など)と近代文化の知識をもって活躍するチートもの、事故死した主人公が実年齢より若い姿で生まれ変わる異世界転生ものなど、これら複数の要素を組み合わせて作られるので、バリエーションには事欠かず、発行タイトル数も膨大だ。そのため異世界ラノベのアニメ化作品も数多くあるのだが、中でも『Re:ゼロ』が持つポテンシャルの高さは、他の異世界ものと比べても抜きんでている。なぜこれほどのヒット作になったのか?

 『Re:ゼロ』のユニークなところは、多くの異世界ラノベの鉄板要素を押さえながらも、それを凡庸な使い方に終わらせず、ひねりを加えている点といえるだろう。例えばスバルの周囲には、銀髪のハーフエルフの少女エミリア、双子のメイド姉妹ラムとレム、男装の麗人クルシュを始め、美女と美少女が多く登場するが、その誰もがスバルにすぐベタベタ惚れるというわけではない。むしろルートによっては、激しく憎まれたり拒絶されたりする。スバルは何度かの死に戻りを経て、レムからは好意を寄せられ、クルシュの信頼を勝ち取るが、そこに至る道のりは、肉体的にも精神的にも激しい痛みを伴った孤軍奮闘の結果に過ぎないのだ。よかれと思って起こした行動に結果が伴わず、殺されたり自ら死を選ばざるを得なくなるスバルの姿を見届けてきた視聴者(または読者)が、ようやくスバルが救われるルートを見たときの安堵感。これが本作のカタルシスと感動の一片になっている。

 また、スバルが持つ携帯電話も、物語をスムーズに進めるための万能兵器として多用されるわけではなく、スバルが相手との交渉時にカメラ機能や着メロなどをハッタリの道具に使う、ここぞという場面だけでしか登場しない。作中の舞台となる異世界には携帯電話もスマホも存在しないので、この世界の住人には見たこともない珍しい道具だが、スバルは取引時の交渉アイテムとしてしか使わないところも興味深い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ