伊藤健太郎、2020年は出演作相次ぐ大活躍 『今日俺』『弱虫ペダル』など青春映画で愛されるワケ

伊藤健太郎、2020年は出演作相次ぐ大活躍 『今日俺』『弱虫ペダル』など青春映画で愛されるワケ

 伊藤健太郎の勢いが止まらない。7月3日公開の『のぼる小寺さん』に続いて、大ヒット中の『今日から俺は!! 劇場版』、『弱虫ペダル』と相次いで出演作が公開されているのだ。今後も、今年公開予定の映画だけでも『宇宙でいちばんあかるい屋根』『とんかつDJアゲ太郎』『十二単衣を着た悪魔』と出演・主演作が控えており、さらなる活躍に期待が膨らむ。

 ライターの久保田和馬氏は、伊藤健太郎のこれまでの活躍を次のように振り返る。

「伊藤さんのことを明確に認識するようになったのは、『サクラダリセット』『先生!、、、好きになってもいいですか?』の頃です(※当時、伊藤は“健太郎”名義で活動)。その頃にちょうどドラマ『アシガール』(NHK)も放送中で、ブレイク寸前の時期だったんじゃないでしょうか」

『今日から俺は!!劇場版』(c)西森博之/小学館 (c)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

 そんな伊藤をさらにスターダムへと押し上げたのは、やはり『今日から俺は!!』だ(日本テレビ系)。

「『今日俺!!』タイミングで、『コーヒーが冷めないうちに』『ういらぶ』と、またさらにいろんな作品に出ていました。『今日俺』での伊藤役が、賀来賢人の三橋とのタッグで、かなりキャラクターが立った役柄だったこともあり、大きなブレイクのきっかけに繋がったのだと思います」

 映画・ドラマと幅広いジャンルで伊藤が重宝される理由はどこにあるのだろうか。

「コメディや青春映画など、どのジャンルの作品でも観ていて“安心感”があるからでしょうか。動画配信サービス・FODとAmazon Prime Videoで配信中のドラマ『東京ラブストーリー』もすごくハマっていて、ほかの若手俳優にはない、まるでトレンディ俳優のような落ち着きが、その“安心感”に繋がっているのではないかと思います」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる